和歌山で一番多い苗字だと思っています。ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイト和歌山で一番多い苗字だと思っています。 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山で一番多い苗字だと思っています。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記
(618)

突然ですが、わたしの旧姓は『玉置』です。『たまき』と読みます。

この苗字はわたしの地方では一番多く、石を投げたら50回に1回、玉置という人に当たるか当たらないかくらいの命中率です。
(少ないやん!)

ただし遠くから投げた場合ですが。
(意味ない!)

ほんとはどれくらい多かったかというと、小学校のときのわたしのクラス24人中6人が玉置でした。簡単にすると、12人に3人の割合。
(もっと簡単にできるやろ!)

だから高校まで『玉置』がクラスでひとりだったということは一回もありません。

さて。ないものねだりの得意なわたしにとって、とても欲しいもののひとつが『変わった苗字』。

『玉置』なんてありふれた苗字いややなあ。もっとこうドラマチックな苗字がええわと夢見ていました。

鈴木とか佐藤とか。
(ふつうや!)

わたしは変わった苗字の子が、クラスがえでいっしょになるとわくわくしました。

うわっ、これなんて読むんやろ?絶対先生読まれへんで。

と、ひとごとなのにそわそわしました。

まるで次のローマ法王だれになるんやろ、と考える仏教徒です。

先生が思ったとおりのキテレツな読み方をすると、楽天の野村監督のように『よしよし』とひとりほくそえんでいました。
(あほか)

しかし高校を卒業して、大学に入学したとき。

衝撃的なことがありました。当時、わたしの大学ではクラスわけは名前の順。

学部に1000人近くいる生徒たちが『あ』から順番に1組、2組とわけられています。わたしのクラスは『た』ばっかり。そして、クラスは田中だらけ。笑えるくらい、田中ワールドでした。

そしてなによりも衝撃的だったのは、クラスに『玉置』はわたしだけだったということです。

24人中6人もいた玉置が、約1000人のなかでたったひとりとは!

わたしは世界にひとりだけの玉置の気分。オンリー玉置!
(なんの盛り上がりや)

もう金の斧か銀の斧かみたいに『どっちの玉置か』と聞かれることもないのです。

まわりで『田中だけじゃ、だれかわからんやろ』という会話を聞きながら、玉置であることのありがたさをしみじみ感じた瞬間でした。

さらによろこびは続きます。担当の教授がわたしにむかって、

「たまおきさん。」

と呼ぶではありませんか!なんと、まさかの読み違え。

地元ではまず考えられなかった読み違えという栄光を、いまわたしが受けてるんだ!

わたしはうれしくて思わず『いえ、たまきです』と訂正しそうになりました。
(しろよ!)

ここはぐっとこらえどころ。あこがれの読み違えなのだからじっくり味わいたい。

わたしは『たまおきさん』と呼ばれるたびに、『変わった苗字でごめん』と心の中で喜んでいました。

あー、がまん強い性格でよかったー。
(いらんとこでがまんするな!)

結局、約一年間、わたしは『たまおきさん』でした。

苦節18年にしてようやくえた『変わった苗字』という喜び。
(なんの苦労もしてないやろ!)

あなたのまわりの変わった苗字はなんですか?

(追記)

みなさまいつもご訪問コメントありがとうございます!

そういえば、宮古島で『わたしの旧姓はたまきだった』というと、
かならず『玉城』だろう、と言われます。
地方によってよく使う漢字も違いますよね。
ちなみに宮古島では
下地さん、砂川さん、友利さん
なんかが多いです。
同じ苗字が多いからなのか、宮古島ではわりとファーストネームで呼び合うことが多いです。
子どもたちはもちろん。
『ちゃん』付けは非常にめずらしく、呼び捨てが基本です。
よその子でもふつうに呼び捨て。
ちょっとアメリカンな感じがします。 

ところできのうの追記に書いた『さんまの缶詰』がおいしいということに、ご賛同ありがとうございました。
検索してみると、さんま缶詰を使ったレシピもたくさんありました。
共通することは、どうやって食べてもおいしい、ということです。(なんじゃそりゃ)
書いてたらまた食べたくなってきた。

さて明日のひとりごとはとなりのおじいの登場です。
あいかわらず元気にやってます。
気楽に読んでくださいね!
ではまた明日もお待ちしてますね~!
とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もサンマ缶すきやで~!!
鍋にぼっとんって入れて温めるだけだけど 笑)
 
私の旧姓は 親族しかいない名前でした!
たまにローカルTVで 『OOさん!!』って呼ばれると・・・
OOさんちのOO子ちゃんだわーって事になります ^^)

それが今じゃ~この会社には3人の同じ苗字がいます。
医者なんか最悪です!
下の名前呼ばれるまで 私って判らないから~!! 笑)

悪いことしてもバレないか~(そうではなですよね!そうそう・・・)

私も『たまおき』って呼んでしまいますね! きっと!!
玉城!そちらでは 結構 田中扱いだったりして 笑)

苗字ねぇ~

おはようございます、とりぶうさん。。

そう言えば、大学の時、和歌山出身で玉置姓がいましたよ。
結構多いんですね。
そうそう、どうしても「たまき」or「たまおき」のどっちって思いますよね。
安全地帯は、「たまき」やし、司会は「たまおき」やし・・
でも、読みにくい苗字もなかなか難しいですね。
印象には残るんですが、何年ぶりかに会うた時に、「あいつ、なんやったっけ・・。難しい漢字やったよなぁ~」ってなるし・・
でも、苗字って調べると結構ルーツがあるんですよね。
その土地の呼び名や、たまたま流行ったし・・とか。
面白いですよね!!

6人もいてたんや?
4人しか思い出せないよ。
あと2人はだれだろう。

わたしも中1のときに行ってきました武内が3人いてびっくりしました。

高校のときに、先輩に、回り道さんっていた記憶が。
苗字にひらがなが入るなんて!

No title

初めまして。
私の苗字は「さとう」、本当は漢字ですが。

近所の整骨院に行った時、偶然にも10人中6人が佐藤だったんで、
整骨院の方達も私たち患者もこんがらがってしまいました。
その後行ったら、今度は田中さんだらけでした。

変わった名字・・・

この辺りでは結構珍しい名字なので、昔は授業中の風当たりが強くて嫌でした。
また、からかわれやすい名字(^_^;)
己の生まれを呪ったことさえあります(=_=)

社会人になってからは、ネタとして使えるので、
初対面の人とも割と早くうちとけられる気がします(^o^)

営業の時は使えそうな名字です。
営業じゃないけどw

No title

ほりけ(堀家)とう名字です

変わった姓の女

小生の女房の旧姓は「伊禮門(イレイモン)」でした。
結婚しても大したことは何もしてやれませんでしたが、「松本」姓になったことで、「なんと読むの?」、「何処の出身?」などの質問攻めから逃れるようにしてやれたことが、小生の手柄です。(それが手柄か)

No title

こんばんは。
おお!苗字の話♪
私は微妙に変わった苗字です♪
誰でも読める簡単な漢字二文字なんですが、
初対面の人の7割ぐらいが、
なぜか文字を入れ替えて読んでしまいます。
田中を中田と言うような感じで。
ちょっと変わってると思うんですが
いかがでしょう。



こんにちは♪

へぇ~そちらでは玉置という苗字は多いんですか?
つらつらと思い出してみても玉置って人は一人もいないなぁ!

私の旧姓は、結構珍しい部類に入るみたいで、未だに同姓の
方と出会った事がありません。
得した事と言えば、予約を1回入れただけで、必ず名前を
覚えてもらえたことかなぁ?

わたしは玉置と書いて『たまおき』です!!でも9割の確率で、『たまき』と読まれます(笑)

たまおきさん。

へ~~!
そんなに『たまき』メジャーだったんですね。
玉置浩二(安全地帯)のおかげかなあ?
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。