ショートショート『無人島でのお願い』ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイトショートショート『無人島でのお願い』 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートショート『無人島でのお願い』

テーマ : ショートショート ジャンル : 小説・文学
(679)

「明日流れてくる汚い花瓶。

それには たったひとつの願いごとを叶えてくれる 大男の魔人が はいっておるじゃろう・・・・」

老人は笑いながら消えていった。

「・・・はっ!・・・はあ、夢か・・・」

男は起き上がった。

「無人島生活も今日で7日・・・」

男はテントから出て、棒切れを1本、砂の上に立てる。

そこには7本の棒切れが立っている。

それは男がこの島で過ごした日数だ。

「家に帰りてえ・・・日本に帰りてえよ・・・」

男は若干 しぼんできたおなかを 両手でさすりながら泣きそうな声で言った。

ダイエットのため、太平洋にうかぶこの無人島に来た。

『無人島ダイエット』という本を出版しようともくろんだのだ。

出版社に何度もかけあって、ようやく最低限の取材費を捻出した。

150キロの巨体を無人島生活で半分にするという企画だった。

期限は1ヵ月。

1ヵ月経つまでむかえには来ないでほしいと、かたく言っておいた。

しかし、男はすでに挫折しかかっていた。

通信機器はない。

あるのはヘルスメーターと紙とエンピツ。最低限の食料。

「だいたい、こんなしんどいことに耐えられるくらいだったら、太ってないんだよ」

ぶつぶつ言いながら、男は海に向かう。

食料となる魚をとるために網をしかけてあるのだ。

「ああ、帰りてえよ。帰って思いっきりラーメン食いたい。

なんでこんな企画出しちまったんだろう?

ああ、オレはバカだ。

そもそも太っててどこが悪いってんだ?

ああ魚なんか もううんざりだ!」

男は力まかせに網を引っぱる。

網には小魚が数匹と汚い花瓶が入っていた。

「なんだこれ?

・・・こ、これ、まさか、か、花瓶!

マジかよ!あれって、正夢だったんだ!

やった、これで帰れる!日本に戻れるぞー!」

男はガッツポーズもそこそこに、花瓶に向かって言った。

「魔人さん、お願いだ、すぐに日本に戻して欲しいんだ!頼みます!」

花瓶はちょっと揺れて、中からしゅるしゅるっと大男の魔人があらわれた。

「は~い、ご主人様!すぐに日本に戻して欲しいんですね?お安い御用!」

魔人はそういうと大またで歩きだした。

「ありがとう!ありがとう!オレ、こんなうれしいことないよ!

日本に戻ったら、まじめにきちんとダイエットするよ。

こんなキワモノっぽいやり方じゃなくってさ。感謝するよ、魔人さん!」

男は涙ぐみながら、魔人のうしろをついてゆく。

魔人は男のテントの横まで来るとしゃがみこんだ。

「今、棒は7本立ってますね。じゃあ5本抜いてっと。

さ~あ、これで2本に戻りましたよ!

あなたのたったひとつの願いは叶えられました。よかったですね、ご主人様!

まじめにダイエットがんばってくださいね~!」

魔人はうれしそうにそういうと、しゅるしゅるっと花瓶の中に戻っていった。

「・・・えええ~~!!2本って、うそだろ?うそだろ?ちょっと待ってくれよ!

きたねーぞ、魔人!このやろ~!あああ~~・・・頼む、頼む、もう一回チャンスをくれよ~!!」





少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

煮ても焼いても食えない魔人もいた!!(笑)

ぬぬぬ、そう来たか!

「魔神さんに誤解されないための日本語力」って本を書きたいので、
20回ばかり魔神さんに出張をお願いしたいのですが。

流~石~とりぶうはん!

流~石! とりぶうはんや!
魔人と願いで落ちは判った。
二本と日本ね、納得! 座布団5枚!

No title

ちょっと棒は気になっていたけど・・・
読みきれませんでした 笑)

無人島ですか~ 行ってみたいけど・・・
何が出てるかわからないし・・・
でも 楽しそうだね ^^) 冒険したいな~ \(^o^)/
独りじゃなければ・・・ 笑)

なるほど~

こんばんわ、とりぶうさん。。

やっぱり、って言う終わり方でしたね。
魔人がしそうなこと。。。
でも、もしこんなことがあったら、何をお願いするかなぁ~??
魔人にボケられへんようにお願いせなあかんもんね!!(笑)

ゆみぴいさん。

ゆみぴいさんの料理の腕を持ってしても、魔人は料理できませんか~。
しかし、魔人も こうおバカだと結局、得ですよね。ほぼ何もしなくていいんだもんね~。

六郎さん。

魔人にごかいされないための日本語力・・・
「じゃあ、碁会じゃなく将棋の会で!」
なんてことになりそうですね。あはは。
でも日本語って楽しいです。

案山子さん。

かならず願いが叶わないシリーズというのがまたミソです。
もし願いが叶うようなことがあれば、それがほんとのどんでん返しですかね!

イノぶたさん。

たしかに無人島に持って行きたいものは、モノじゃなくて人だよね。
役に立つ仲間。
あおあおとした自然に海。
あと食べ物と、お酒があれば・・・って、これ、宮古島ですよ!

さすらいの阿呆鳥さん。

魔人にボケられないようにお願いするのは至難のワザですよね。
なにせ魔人は願いを叶えないように、誤解の練習を日々精進してるはずですからね~。あはは。
あ、じゃあ逆につまらないお願いをしたら、いいほうに解釈してくれるかも?

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。