台風の中、飛行機は飛んだショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  スポンサーサイト台風の中、飛行機は飛んだ 


スポンサーサイト

テーマ : ジャンル :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風の中、飛行機は飛んだ

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

8月31日。

ものすごくひさしぶりに東京D(仮名)やCに行った帰り。どこに行ったかはっきり言えなくてすみません。知り合いにばれて、DやCの高いおみやげをねだられるのもいやなので。(ばればれの上にせこい)

わたしたちはくたくたの体をひきずって、ほぼ一日中、羽田空港にいました。

那覇行きの便はほぼ全便欠航。

夜8時の便のみ、飛ぶらしい。

そんなうわさが羽田をかけめぐりました。

まわりでは“今からおきなわ~ひゃっほう~”な旅行者がいっせいにため息をついたので、空気中の二酸化炭素濃度があがったとか。

しかし、わたしたちもどうにか帰らねばなりません。明日は仕事だし学校もある。

ぎりぎり夜8時の便を確保し、出発を待ちました。

この便は『那覇で降りられないことがあり、そのときは羽田に引き返します』なんて条件付き。

まるで『嫁ぎ先が気に入らなかったら、実家に帰らせていただきます』みたいな高飛車な決意。

どうせなら、羽田よりも近くの宮古島に一時着陸してくれたらいいのに。

宮古島にはひと目ジャンボジェットを見たいという少年がうようよいるのに。(ほんまかよ?)

わたしたちはとりあえず飛ぶという飛行機に乗り込みました。

機内は満席。

もう8時を過ぎてるのに、『まだ乗り込んでいないお客様がいらっしゃる』ために動かず。

もう~、そんなやつほっといたらええやん~。

と思ったわたしの心を代弁するかのように、うしろの席の子どもが父親に同じことを言います。

しかし、父親は、『遅く飛んだほうが、台風が離れててむしろ好都合だ』と説明していました。

わたしはすぐさま、『それをあたしも言おうと思ってた!』と自分に言い訳しました。

どんなときでも持論をすぐ曲げるのがわたしの信念!(自慢にならん)

しばらくしてやっと離陸。

やたら小さな子どもが多く、うるさいことこの上ない。

わたしのすぐ前の席にも2歳くらいの男の子がいてぐずぐず言ってるので、顔が見えたとき、ヘン顔をしてやりました。

けっこう好評。そうなると、小さな子どもがかわいく思えてくるもの。

得意になって、いないないばあ~の要領で、二回くり返しました。三回目はちょっと趣向を変えた顔にしてやろうと思って待ち構えていたのに、それ以上こちらをむくことはありませんでした。

最近の子は飽きっぽくてこまる。

娘と息子は疲れたのか、すぐに眠りました。

しばらくして機長のアナウンス。『ゆれますのでシートベルト着用』をくり返します。

てやんでえ。こちとら江戸っ子でもねえ。(ないんやん)

つい昨日までしっかりシートベルト着用して東京DとかCとかでギャーギャー叫んで来た身。

飛行機の揺れぐれえ、どってことないアルよ!(江戸っ子はどこに?)

わたしは鼻息荒く、揺れでも竜巻でも来いってンだという心境でした。

いよいよ『着陸のため飛行機の高度をさげますので、大きな揺れが予想されます』のアナウンス。

機長、あんたに任せたよ!

わたしは心の中で機長にエールを送りました。

しかし機体がぐらっと揺れると、そのエールをすぐさま撤回。

なんで会ったこともなく声しか聞いたことのない機長をたやすく信頼してしまったのだろう、という思いがわたしの中に充満します。

だいたい、20年近くいっしょにいる夫のしかちくのことすら、ときどき信頼してないのに。

わたしの煩悶をよそに、飛行機はときどきぐらぐら揺れながら下降してゆきます。

今度大きな揺れがあったら、絶対ぎゃーっと叫んでやるからなという心構えは忘れません。

小さな子どもたちよ、これが絶叫というもんや、と。(迷惑や)

こんなとき、東京DとかCとかに行ってきた身は、いつあのジェットコースター的急降下がくるのかと待ち構えてしまい、不利だということがわかりました。

余計なところに力が入り、あの急降下がもう来るはず、もう来るはず、もう来いって、早く来いって!

といつも最悪の事態だけを予想しながら乗り続けるハメになります。

小1時間、ちょっとの揺れでびくっとしながら、飛行機は無事、那覇空港に着陸。

あ~、やっぱ機長を信頼してよかった。(途中、信頼してなかったやろ!)

思ったより、揺れも少なく、絶叫ポイントはひとつもありませんでした。

ずっと寝ていた息子は、

「空港はこっちに来るなーって思ってたやろうけど、ぜったい着陸したるっていう飛行機の思いが伝わって来た!ぼくだけには伝わって来た!」

と興奮しながら語っていました。寝てたくせに。

彼の頭の中には『千と千尋の神隠し』の番頭カエルが空港で、飛行機が『おくされさま』というようなイメージだったのでしょう。

「お引き取りください!お引取り下さい!」

というあの場面が。

いろいろあったけど、旅のハプニングは思い出に残るものです。

ここで問題。

ミッキーマウスとカエル


と、いうことで無事、かえる。

それでは~

とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

誤植?

舞浜のあそこだとしたら

Seaだから

Cじゃなくって

Sじゃないですか?

くっ!

カエルだったとは・・・
絶対クマだと思ったのに(T_T)

(某有名ねずみの線は?)<神の声>

なんでねずみ?(?_?)

(だって東京Dだよ)<神の声>

東京D?ねずみがいるなんて不衛生なところだなぁ(^_^;)

Two!さん。

あははは。
そのとおりでした。
なんのためらいもなく『C』にしてました。


のぶちんさん。

あそこだけはねずみが大きな顔をしてらっしゃいますよね。
今回、たくさんの人がくまのぬいぐるみを抱えていたのですが、それはダッフィーだということで、ミニーがミッキーに贈ったとかいう話で、その相方がリボンのついたシェリーメイだとか、なんかよくわからないけど、いろんな物語がキャラクターのウラにはあるのだそうです。奥深い~。


No title

おかえりなさいませ~
アクシデントは一番の思い出になります。 ^^)
DやらS(C)なんかの事はスグ忘れてしまっても・・・ウソ ^^)
空港での出来事なんかは 多分10年後は尾びれ 背びれが着いてすごい話になってる事間違いなしだね 笑)

今度は 変顔の絵描いて~ 笑)

とりぶうさん こんばんはー

絶好調ですねぇ。
そう言えば、あそこのネズミかアヒルが悪さして、問題になってたよねぇ。
大丈夫でした?

台風今年は、どうなんでしょう?
来ないに越したことないですが来ないと、
寂しかったりもします。・・・・?

イノぶたさん。

あはは、きっとこのことは、あと十年も経ったら
「空港は大混雑で、まるで戦後の闇市のようだった(知らんのに)」
とか
「台風の中、ぐらんぐらん揺れ、飛行機は1回転しながら飛んだ」
とか言ってそう。
ヘン顔、何度描いても『とりぶう』のままじゃそれほどヘンにならず、本顔をヘン顔にすると、すごいことになるので、のせられません。ごめんね~~!

calcan3000さん。

ネズミかアヒルが悪さをした問題は初耳です~。
夫のしかちくが、チップとデールというシマリスの着ぐるみに悪さをしていたのは事実ですが・・・。
台風は少ないほうがありがたいのですが、水不足になると困るので、ほどほどに、というのが本音です。
でも地元の子どもたちは『台風はおもしろいから好き!』という子、けっこういますよ。 
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。