エアーズロック~あなたができるまで 16ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  エアーズロック~あなたができるまで 16 


エアーズロック~あなたができるまで 16

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学


※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

今のあなたには、見るもの聞くもの、すべてが不思議で興味深いものだろう。

オトナになると感動は、残念ながらうせてゆく。

さいきんはなかなか驚くことがないよ。

そうそう。

最近でいちばん驚いたのは、

『楽しんご』という人をネットで見たことだよ。

テレビをほとんど見ないと、そっちの世界のことは とんと疎くなる。

複数の人から名前は聞いたことがあっても、実際の『楽しんご』なる人を見たことがなかった。

それらの人の話を総合して、勝手にわたしが想像してたのは、『ウド鈴木』みたいな人だったんだけど。

まったく違った。

驚いた。

規格外な感じがした。

かなり衝撃だったから、それ以来、しかちくと『楽しんご』の話ばかりしているよ。

なにを言いたいかというと。

オトナになって行っても、オーストラリアは驚きの連続だったということ。

アデレードから飛行機に乗って、アリススプリングスという、オーストラリア大陸のヘソにあたる町に行ったとき。

飛行機から見える大地が、あまりに赤いことにまず驚いた。

黒や茶色の土しか見たことがなかった身には、衝撃の色だった。

そう。

初めて宮古島の海を見たときのような、感動と驚きがあった。

不毛の赤い土地に、とつぜん、ぽっこり存在するエアーズロック(アボリジニの言葉では『ウルル』)がまた異様でね。

岩だけど、何万年も動かない動物みたいに見えた。


あなたができるまで16 1・7



その広さと大きさを見てたら、サイズの感覚が狂いそうで。

火星か、ここは。

そんな気がした。

エアーズロックの近くには、『風の谷のナウシカ』のモデルとなったオルガ山(カタジュタ)が、どでかい岩の群れのわりには、のんきなまるさで存在していた。

どれもこれも規格外。

地球の不思議さを凝縮したようなところだった。

いまではエアーズロックにはのぼることが出来ないのだけれど。

そのとき1998年ではまだのぼることが可能でね。

しかちくはエアーズロックにのぼることにした。

わたしは大事をとってやめたんだけど。

やっときゃよかったな、とちょっと後悔してる。

きっと世界一大きな動物の背中に乗ったような気になったんじゃないかって、思うんだよ。


つづく

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

私は

今も驚きの連続です。

先日、幼稚園以前からつき合いのある親友のダメっぷりに驚きました(@_@)
これだけ長く付き合っていてまだ俺を驚かすのか?

ちなみに嫁も驚かせてくれます
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

(それは脅されているのでは?(^_^;))<神の声>

とりぶうさんにも驚かされっぱなしですよ
┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・

私が普通の人だからこんなにも驚きがあるのだと思います。
ああ、普通で良かった!
毎日が楽しいよ(^o^)

No title

私ね、亭主の話聞いて興味を持って、亭主がもっていた「ミュータント、メッセージ」って本をちょっと前(夏ごろだったかな)に読んだんだ。
アボリジニ、先住民族の不思議な話。
でもさ、あのエアーズロックにならあり得そうな話だと、妙に心にしみたんだ。

そんな真っ赤な地にとりぶうは見て、しかちくは登ったんだね。


ホント、世界は広いんだね・・・

素敵なお話ですね

子供が欲しくて欲しくてどーしても出来なかった私には
ちょっぴり切なく拝見しておりますが
若いとりぶうご夫妻の心境がとてもよく表現されていておもしろ…ゲフンゲフン…楽しいです。


子供ができた瞬間から死んでもなお
その子にとってはお母さんなんですよね。
母って父ってすばらしい!


続きを楽しみにしています。

No title

娘さん、おなかの中で、すでに世界旅行体験者なんですね。
素晴らしいです。

私も独身の時にオーストラリアに行き、とても感動したこと思い出しました。
世界って広いなぁと。
その感動を娘さんに伝えられるってすごいことだと思います。
また楽しみにしています。

こんばんは^^

感動が伝わってきます。

きっととりぶうさんのそういう感動とか、
お腹の娘さんにも伝わったでしょうね。
感情の豊かなお子さんなのではないかしら。

すごいらしいですよね!

こんばんわ、とりぶうさん。。

エアーズロックって、すごいらしいですよね。
TVで見てても迫力あるし・・
実際に見たら、すご~~感動するんやろうね!
ところで、「楽しんご」私も最近知りましたよ。
なんか・・・・微妙。。。(笑)

のぶちんさん。

新鮮な驚きって、ネットが普及すればするほど、なくなるかもしれません。
ああ、それもう知ってるよ、ってことになって。
でも逆にネットがあるからこそ、驚くこともあります。
氷点下の世界、旭川でも、毎日おもしろいことを言い続けられる人がいるなんて!
わーっはっはっは・・・

八重yamabuki さん。

その本、初耳。
機会があったら読んでみよう。
アボリジニのひとたちってほんとになんというか、日本人からみたら、すごくかけ離れてるんだよね。
生活環境にしても、植物や動物にしても、まったく違う。
でもアートなんかは、すごく力強くて素朴で、感動はすごく伝わるんです!
そこが同じ人間なんだなあ~と思いました。

ルーままさん。

そういっていただけると、すごくうれしいです。
この話は子どもに、というよりも、将来の自分に、という気分で書いています。
たまたま妊娠出産をテーマにしていますが、夫婦のつながりが強まる瞬間を覚えておきたいと思ったんです。
かっこつけてしまいましたが、つまり自分のできてなさの再確認でもあるかもしれません。ははは。
いちばんに大事にするのは子どもではなく、パートナーなんやで、という自戒の意味をこめてます。

羊飼いさん。

娘に、「あんたはニュージーランドもオーストラリアも行ったことあるんやで」
と言うと、いつもしらけた顔をされます。とほほ。
でもオーストラリアって大きいですよね~。
世界観が変わりました。
あっちにいる間は。
日本に戻ると、すぐに日本のサイズに戻る自分は、根っからの日本人だ、と思いました。

COCOマミーさん。

ほんとに、感動っていうのも血液とともに、伝わるといいなあと思いますね!
のちに、おなかの中で動くのがわかるようになると、のんびりしてるときにはすごくぐるぐる動いたので、
わたしがリラックスしてるの、わかるのかな~と思いました。

さすらいの阿呆鳥さん。

楽しんご、見ちゃいましたか!
微妙、っていうのわかります。ふふふふ。
なんか、見てはいけないものを見た、というのにちょっと似てるかもしれません。
エアーズロックは同じ地球のものか、と思いました。
わたしは大きいものが怖いので、間違いなく、怖いもののひとつです。

No title

ははははっ!!
いくらなんでも岩登りは無理でしょう 笑)
エアーズロックか~そうそう今は登れないんだよね!
いいな~
初めて・・・って感動が大きいよね!
いっぱい刺激や感動味わってもらいたいね!

イノぶたさん。

エアーズロックはかなり急な傾斜だったのであきらめました。
でも見てるだけでも、すごい迫力だった。
なにしろ、な~んにもないところに、あれだけがどんっとあったので。
わたしがこれから経験する初めてって、病気関係のことばっかりか、と思うと嫌な気になるけど。
いや、まだドバイがある!と思うことでがんばる気に火をつけてます。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです