期待と気楽~あなたができるまで 20ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  期待と気楽~あなたができるまで 20 


期待と気楽~あなたができるまで 20

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学


※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

はじめての子どもっていうのは、親にとっても記憶に残ることが多く。

そのうえ、記録にも残りやすい。

写真なんかがそうで。

アルバムは、下になるにつれて薄くなる。

わたしは3番目だから、当然、かなり薄いのだけど。

わたしの妹の場合はもっと薄くてね。

薄いアルバム一冊で、誕生から小学校卒業までまかなえてたよ。

この調子だと、妹の一生は3冊のアルバムにおさまるんじゃないかと思ったね。

親はわたしが産まれたときのことはおぼろげな記憶しかなく。

子どものときに、わたしが赤ん坊の頃、どんなんだった?

って聞くと、う~~~んとひとしきりうなった後、

唯一覚えていたのが。

うまれて6ヶ月くらいのころ、離れに寝かせておいたら、近くにあった灰皿をひっくりかえして、口のまわりを灰だらけにしていた。

これだけでね。

いつ聞いてもこれしか覚えていなくて。

朝うまれたのか、昼うまれたのかも覚えていない。

とりぶう=灰皿ひっくりかえす

このエピソード1本で乗り切ろうとしていたよ。

親はそのたびに、

あんたは手のかからん子やった。

とか、

あんまり抱っこせえへんほうがいいという方針に切り替えて、ずっと寝かせといた。

とか、

言い訳めいたことを言ってたけど。

要するに、3番目になると、赤ん坊にも慣れてきて、かつ 上の子に手がかかるため、単に寝かせておいたということだと思う。




あなたができるまで20 1・13



子どものころは、下にうまれたら不公平だと思ったけど。

オトナになるにつれ、上の子にかかる期待とプレッシャーの重さがわかると、下でよかったと思うようになった。

親の期待ほど、子どもを縛るものはないからね。

そんな気楽な境遇だから、ニュージーランドに行ったり、妊娠していながらも旅行してたりすることに、なんの足かせもないと思ってた。

ところが。

わたしが妊娠して、日本で出産するということになると、いままでわたしのやることに何も言わなかった両親が、とやかく言うようになった。

彼らにとって、あなたは初孫でね。

もう注目の的だったんだ。

いままで期待されたことのなかったわたしとしては、面食らった。

徳川吉宗の心境だった。

例えがわかりづらいか。

エリザベス1世の心境というほうが、もっと

・・・・わかりづらいか。

じゃあ、ドリフターズの高木ブーが、なんの手違いか ピンで司会に抜擢されたときの心境。

あ、これが一番近いわ。

日本から送られてきた腹帯や出産本、電話口の心配そうな声と帰って来いコール。

そういうのに出会うにつけ、期待されるというのは大変なもんだと実感したよ。

だからね。

おなかが大きくなって、日本に帰る日が近づくにつれ。

注目され慣れていないわたしは。

あなたをおなかにとどめたまんま、一生過ごせないものかと、真剣に思ったりした。

ようやく。

ドリフターズのいかりや長介の気持ちがわかるようになったんだ。


つづく

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

そうか!!!

私の(23歳になる)娘も私の両親には初孫だったよ。
そりゃもう、期待されまくりよ!!
実家近くの病院で産む予定だったから、里帰りしてるんだけど、親父なんか予定日に近くなったら仕事休んでたもん。
前と後で一週間くらい休んだんじゃないかな。
おじいちゃんの産休ってどうよ?の世界よ。

生まれてからは、尋常じゃない。
それは23歳になり、孫が全部で6人もいる今でも、娘が一番だからね。
彼氏と同棲を始めるなんて、間違っても情報流せない・・・><;
そんなことを聞いた日にゃ、アタシが包丁持って追いかけられちゃうよ。
「何やってんだーーーーー」、ってさ(笑)

初孫はとにかく可愛いらしいよ・・・・・

No title

そうね~
私は長女だから・・・いろいろ思う事もありますよ!
写真も確かに 私の方が多かったね 笑)
でも親にしてみりゃ~平等って思ってるんだろうけど ^^)
でも 私も高木ブ―で居たかったわ 笑)

私も

親の期待を重く感じていた一人です。
長男で男一人だったので小さい頃から
結構プレッシャーを感じていました(^_^;)

そのため中学生の頃は悪い点数のテストだけを親に見せていました。
まあ、当時はテスト結果一覧みたいなものが親元へ送られていたので
全く意味がなかったのですが・・・(=_=)

何度か何処かへ行ってしまいたい衝動に駆られましたが、
結局は地元に就職してしまいました(^_^;)

洒落も長いと飽きるぜよl!

 素晴らしい旅と素晴らしい娘さんに出会えて羨ましいカップル! この~!
 最近は毎週テレビで放送してまんねん。宮古島。
 別にシンスケふぁんとちゃうぜ。
 6か月放っておけば。!
 パソコン入力も疲れまっせ。
 とりぶうはんと御家族皆々で今年も笑わしておくなはれ( ^^) _U~~
 東京でファンクラつくろかな? ( ^)o(^ )

八重yamabuki さん。

うわ~、お父さん会社休んでまで!
それは期待まんまんだね!
そんだけかわいがられてる初孫なんだから、彼氏がいるっていうだけでもすごいことになるんじゃない!?
ましてや同棲だからね~。
お父さんが八重ぶさんのブログを読んでないことを祈るわ~。ははは。

イノぶたさん。

そっかー、イノぶたさんは長さんか~。
だから責任感が強くて頼れるんだ!
高木ブーのよさって、年とるにつれてわかるようになるわ~。
親は同じように育てたっていうけど、実際、上にきょうだいがいるかいないかでまったく違うんだよね!

のぶちんさん。

たしかに男ひとりはプレッシャーですよね。
うちも一番上に兄がひとりで、下に女3人なのでかなり重圧があったみたいです。
どこかにいかず、地元で就職したのぶちんさんはすごいなと思います。
悪い点数だけを見せるというその反抗心、なんだかわかるなあ。

案山子さん。

すばらしい旅ってあとから思うものですよね~。
そのときは必死で大変なこともあったのですが、いつの間にか楽しい思い出にすり替わってます。
それと同じで、子どもも、大人になってみないとまだまだどうなるかわかりません。
親になるって、なかなか気の抜けないことが多いですね。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです