シドニー~あなたができるまで 22ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  シドニー~あなたができるまで 22 


シドニー~あなたができるまで 22

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学


※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

ダーウィンからコンチキツアーに参加したときのことは、前に書いたのでそれを参考にしていただくとして。


(そのときの記事→西オーストラリアコンチキツアー


パースから今度は飛行機でシドニーに行ったんだ。

シドニーはオーストラリア最大の都市だけあって、それはにぎやかだった。

比較的新しい町のためか、ヨーロッパの都会にあるような、ここらへんには怨念がおんねん、みたいな暗さがなく。

全盛期のトム・クルーズが、白いシャツにブルージーンズで、ニカッと白い歯を見せて笑う、みたいなわかりやすさがあった。

モノレールは近未来の顔をしてビルの真横を通り、博物館は急ごしらえの威厳にあふれ、公園の緑と海の青さが余裕を感じさせ、オペラハウスの白がさわやかさの総仕上げをしている、そんな街だった。

毎日よく歩いた。

たくさんのものを見た。

シドニーからフェリーですぐのところにある島の動物園にも行った。

そこにはなんと、あこがれの『コモドオオトカゲ』がいた。

恐竜の生き残りみたいな、別名コモドドラゴンがだよ。

それは興奮したよ。

遠足の子どもたちよりも興奮していたよ。

2メートルもあるトカゲって!

今、地球上に存在する最大の爬虫類やで!

って相当興奮したけどさ。

ワニの存在をきっちり忘れていたよ。

そのちょっと前にワニ園で5メートルのワニを見て大興奮だったのに。

とにかくわくわくしながら

「コモドオオトカゲはシカも食べるらしいで~」

と言って、しかちくをびびらせたりした。


あなたができるまで22 1・17


人だかりのするコモドオオトカゲの檻に行くと。

コモドオオトカゲは見つからなかった。

よく見ると、寝てた。

ほぼ動かないので、置き物かと思った。

置き物でもわかれへんで、ほんま。

冬場の爬虫類の動かなさといったら、こたつに入った母ちゃんのごとし。

動いたら損といわんばかりのふてぶてしさを漂わせながら、ギャラリーの視線を無視していた。

まあ、それも当たりまえの話で。

食べ物与えてもらってるからちょっと動いたろか~なんて考え出したらそれはもう爬虫類の域を超えている。

かれらは、あのふてぶてしさと無表情がいいのだ。

でも、いいよなあ。

ふてぶてしくて無表情なら、わたしも得意なのに。

わたしがやると、それはただの無愛想。

だって、人間だもの。


さて。

1週間ほど滞在したシドニーでは、毎日のように中華街に行ったよ。

とにかくよく歩いて、よく食べた。

だから順調におなかは大きくなった。

ひょっとして太ってるだけかも、なんて思うこともあった。

それを違うと感じさせてくれるのが、胎動で。

おなかの中で魚みたいにひょこひょこ動くあなたを感じると、

「お~、生きてる~」

とおもしろく感じた。

最初、魚みたいにおなかの中で泳いでいたあなたはそのうち。

足と思しきものでわたしのおなかをキックするようになった。

けっこうな強さなので、「いてててて」というときもあった。

だって、人間だものな。

と感じた。

おなかの中で魚から爬虫類、そして哺乳類へと。

確実に成長してゆく。

わたしが母親なんてできるだろうか、という不安はいつも頭をよぎったけど。

どんな顔で出てくるんだろう?

という楽しみがわたしを満たすこともあった。

でもあなたの将来を考えるような余裕はまったくなくて、

自分の将来すら見えなかった。

あなたが産まれたらそれは変わるのかと思ったけど、いまだにそれは変わらず。

あなたの将来は、あなたが思うほうに歩いて行けばいいと思っている。

わたしのおなかを蹴ったあの力強い足で。



つづく

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 あなたの将来は、あなたが思うほうに歩いて行けばいいと思っている。
 わたしのおなかを蹴ったあの力強い足で。


あら、とりぶう詩人みたいよー。
いい言葉だわっ。
私の子供達にも言ってやりたいって思っちゃったわよー。

おなかの中で魚から爬虫類、そして哺乳類へと

そうだね、本当にそういう進化だ。
哺乳類のキックは強烈で、お腹の形を丸から三角に変形させたりしたね。
嬉しいけど痛くって、痛いけど・・・痛いんだな、やっぱり。><;
なつかしいね。
赤ちゃんは欲しいけど、10か月以上お腹に命を預かるのは、もう精神的にも体力的にも無理だな・・・。
やっぱり、とっても大変なことだもん。

うさQは、順調に順調に育って行ったんだね・・・⌒ ⌒

改めて感じます。
書いて残すことはとても大事ですね。
明日いなくなってしまうかも知れませんからね^^。
照れ臭いですけど。

全盛期のトム・クルーズは、MA-1ジャケットを着て親指を立ててましたw。
娘さんは「産まれる前やん!」、と実感されないでしょう。
44歳おさーんにとってのO.ヘプバーン、G.ケリーみたいな感じカナw。

No title

だんだん出来てきたね ^^)
娘さん! 
お腹をけられるってどんな感じだろう・・・
嬉しいでしょうね ^^)
不安と楽しみ!複雑だったかな?
でも楽しみの方が大きかったでしょ ^^)

徐々に母親に・・

こんばんわ、とりぶうさん。。

徐々に母親の感情が出てくるんですね。
動く子供を感じる時って幸せの時ですよね。
よく動く子供をお腹から触れていたことを思い出します。
あとオーストラリア、今は洪水で大変ですよね。
はやく天災が落ち着いて欲しいですよね!!

八重yamabuki さん。

赤ちゃんをおなかの中で抱え続けるって、ほんと大変だよね~。
わたしも到底ムリ!
でも、あのおなかを蹴る感覚だけは、もう一度味わってみたいって思ってるよ。
娘はあの力強い足で、今、駅伝の練習中です。
足も態度もでかくなるわあ~。

すくわかさん。

書き残すのは照れくさいもんです、ほんと!
でも、ブログだからかけるのだと思います。
普段のわたしはとてもそんな悠長な人間ではないですから。ふふふ。
トムクルーズ、ほんとにかっこよかったですよね~。
この間、キャメロンディアスと共演した『ナイト&デイ』を見ましたが、さすがのトムも・・・。
と思いました。

イノぶたさん。

不安はいっつもわたしを取り巻いてましたね~。
まったく予想外の出来事だったんで。
子どもができて楽しみ~と思うことは、きっと他のお母さんたちよりも少なかったかも。
それだけ未熟だったんだな~。
かわいいと思えるのはあっという間で、いまは やたら成長してるよ。ははは。

さすらいの阿呆鳥さん。

そうそう!
洪水ですごいことになってるみたいですね。
ほんとうに気の毒に思います。
おなかの中でぐるぐる動くのを感じると、うわ~、生きてる~と実感しました。
あれは、自分も動物なんだと感じる、ほんとに不思議な感覚です。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです