皮膚科~あなたができるまで 30ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  皮膚科~あなたができるまで 30 


皮膚科~あなたができるまで 30

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学


※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

健康体のわたしに、突然それはやってきた。

ある日。

おなかに小さなぶつぶつができて。

かゆいな、と思ってぽりぽりかいていると。

ぶつぶつはあっという間におなかじゅうに広まった。

その速さ、ネット社会のうわさのごとし。

あまりにもかゆいのでかくと 赤くふくれあがり、小さなぶつぶつは、それぞれ蚊にさされた跡のような大きさになった。

そういうのがおなかを中心に、手にも足にも広がった。

かゆくてかゆくてたまらなかった。

ところで、かゆい話って、これを書いてる途中にもかゆさを思い出し、なんだかいやなもんだよ。

かゆみというのは地球を破壊するところまではゆかないけれど、

人格を破壊するくらいのパワーはあって。

いらいらいらいらした。

とくに皮膚のうすいところにぶつぶつは集中して、大きなおなかは全面ミミズバレになった。

そこで皮膚科に行くことにした。

近くに皮膚科は二軒あって。



A皮膚科=薄汚れていてうさんくさい。 

     日曜日もやってる。

     皮膚科以外にも なにやらいろいろやってるもよう。

     その医院で皮膚をみてもらったひとを知らない。



B皮膚科=よかったという人 多数。

     超・超・待たされるといううわさ。

     午後の診察は夜の二時間だけ。

     学会に参加とかで しょっちゅう休診している。



 
帯に短し、たすきに長し、すんだ失敗水に流し。

とりあえず、待たされるのがイヤなので、A皮膚科に行くことにした。

案の定、中も薄汚れていた。

待合にはだれもおらず、すぐに診てもらえることになった。

次々と患者らしき人は入ってくるのだけれど、みんな待合を素通りして、親戚の家みたいに勝手に のしのしと奥に入ってゆくので、あやしさもひとしおだった。

奥になにがあんねん、とすごく気になったけど、調べてる時間もなかった。

ちなみに、受付の女性は中年だけどきれいな人だった。

妖怪みたいな化粧のおばさんがやってると思ってたわたしには、とても意外な気がした。

医者は、小太りで 毛深いのに頭髪はヤバいタイプの五十がらみの医者だった。

わたしがかゆいことを告げると、医者は目をまんまるにして、

「ほんまでっか!」

と驚いた。

ほんまでっかって。

ほんまでっか、って。

医者のせりふとしては、かなり特殊な部類だと思った。

わたしが腕をめくりあげて赤くなったところを見せると、

「こ~りゃ、エライこってすなあ~」

とまじめに頷いた。

エライこってすな~って。

それから、

「ようガマンしてまんなあ」

と同情顔でしみじみ言った。

なんだか医者という気がしなかった。

その医者は 『でんがなまんがな』大阪弁をしゃべるので、笑えてきてしかたなかった。


「原因はなんなんですかね?」

とわたしが聞くと、

「なんでしょうな~」

と医者は大げさに首をかしげ、腕を組んだ。

なんでしょうな~って。

「いろいろ、ありますわな~」

と頷きながら付け加えた。

しかし、

「出産したら、もとに戻るはずですわ」

と言って、その『いろいろ』の内容は教えてくれなかった。

妊婦なので、飲み薬は出せないから、塗り薬だけを出すと言った。

「塗り薬、出しまっさかい、そいつをビシーっと塗ったってください。ビシーっとね、ビシーっと」

医者はそのフレーズが気に入ってるのか、『ビシーっと』を何回かくり返した。

顔つきも『ビシーっと』していた。

なんだか突っ込みどころがたくさんある医者だった。

受付に戻ると、中年女性が みごとに散らかった薬棚から、器用にお目当ての塗り薬を探しだし、

「うすく塗ってくださいね」

と言った。

彼女は東京弁だった。

なんだかヘンな医院だったなあ。

という思いを抱えたまま、外に出て、あれ?と思った。

受付の女性は、そういえば、

「ありがとうございました~」

と言ったんだ。



あなたができるまで30 1・27


病院ではふつう「おだいじに」が基本だろうに。

そう思うと、笑えてきて笑えてきてしかたなかった。

その後。

塗り薬をビシーっと塗ってもかゆみはそんなにおさまらず、あのヤブ医者め~と思った。

それで評判のよいB皮膚科に行き、めちゃめちゃ並んで診てもらった結果。

出産したら治るはず。

とのことだった。

ヤブといっしょかい。

結局、原因はいまだにわからない。

でも、出産後、ぶつぶつがウソのように治ったのは本当で。

A皮膚科をヤブ医者と決め付けてわるかったなと思った。

あとでわかったことだけど、あの受付の女性は医者の奥さんで、東京出身。

医院の奥はマッサージ室になっていて、腕のよいマッサージ師がいるとのことだった。

その後も何度か、あの皮膚科にはお世話になった。

「えらいこってすな~」を聞くと、ことばの内容とは裏腹に、不思議とたいしたことないように思えた。

評判がよくても合わないところもあるし。

評判が悪くても、すごく合うところもあって。

わたしはおもしろ~いのが好きなんだと、確信した。

それはいまもずっと変わらない。



つづく
関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント


No title

こんばんわ。
何で、プツプツが出来たんだろうね。
妊娠すると体質や好みが変わるって聞いたことあるけどね。
何だったんだろうね???
でも皮膚科の先生が出産したら治るって言ったってことは、
ブツブツばかりじゃなくて、何らかの症状が出る人っているんだね、きっと。
(アタシは全くなかったよ、よかった~ ^。^ )

病院の先生とは相性が一番だよね。
私も娘の年末中耳炎事件の時に、いい先生に出会えた経験があるもん。
ヒトとはちょっと好き嫌いが違ったって、、、ね。
ぜんぜんOKだよ、大丈夫とりぶう ^^v 
(えっ、別にとりぶうが、変わり者だって言ってるんじゃないよ・笑)

No title

初診って どんな先生か未知だからね!
見合いみたい!! ^^)
私がドンピシャだった先生は外科の先生でした。
お手にはモジャモジャの毛が生えてて ごっつい先生・・・・
生まれた時からの主治医です ^^)

風邪を引いても、入社の健康診断書も 癌をみつけてくれたのも 外科のせんせいでした 笑)

その先生は 現在引退されたみたい・・・・淋しいです・・・

的確な先生より 愛嬌がある先生がいいね! ^^)
私もそう思いますよ!!

でも 妊婦病なんでしょうかね!発疹・・・びっくりしたでしょう!
全身痒いって・・・つらかったね~・・・


そうですよね!

こんばんわ、とりぶうさん。。

お医者さんって、合う合わないってありますよね。
そして、噂は噂ってことも・・
でも、よかったですね。
出産までの間に体のバランスが少し崩れるんかなぁ~??
治ってよかったね!!

No title

妊娠中のトラブルは心配ですよね。
薬も飲めないし、何かあったら大変だし。

この皮膚科さん、案外正しいですよ~^^;
医者って真面目で誠実であればあるほど
儲からないのですよ。
金儲け主義だとお薬バンバンだして
何回も来てくださいと言って。

治って良かったよかった。なんだったんでしょうね。

確かに

病院の相性ってありますね。
現在通っている皮膚科はネットで調べて評判が良いところを選びました。
とても良い感じです。

一方、歯医者は場所を変えてしまいました。
前に行っていた先生の方が腕は良いと思うのですが、
私には合いませんでした。

何が欠けていたのか考えると
「面白さが欠けていたのだと思います」(^_^;)

八重yamabuki さん。

ほんと、不思議だったよ~。
それまでほとんど湿疹とか、出たことない体質だったので、なんじゃこりゃ~と思った。
二人目のときも出たので、きっと妊娠したら出るという体質なんだと思う。
こればっかりは、妊娠してみないとわからないからね~。
そうそう、わたしとしかちくは、おもしろいというのが判断基準の上位に来るので、その皮膚科、かなり上位だったよ!

イノぶたさん。

カユさって、痛さよりも耐えられないときあるよね~。
掻くからよけいかゆみが広がるんだとか言われても、それどころじゃなかった!
生まれたときからの主治医がいるって、いいね~!
なんでも相談できるし、体質とかもわかってくれてるし。
昔は往診とかもしてくれたしね~。
好みのお医者さん見つけるのも、難しいよね~。

さすらいの阿呆鳥さん。

妊娠すると、いろんな体の配合がかわるのでしょうかね?
あのときに、めったにできない湿疹ができて、それ以来わりと出来るようになりました。
そうそう、金属アレルギーにもなってしまったし。
宝石は一生モノとはいうけれど、金属アレルギーも一生モノというのはうれしくないです~!

羊飼いさん。

ほんと、なんだったのか不思議です。
ここは、わりと良心的で、インフルエンザの予防接種も安かった記憶があります。
皮膚科以外にも、内科もやってたし、なんでも屋みたいな感じでしたね。
でも、いちばん流行ってたのは、マッサージだったのは間違いありません!

のぶちんさん。

ははは!
そうそう、オモシロさは非常に重要です!
とくに、歯医者さんはやさしさも重要ですよね。
あと、受付の人や、助手さんも重要です!
やさしくてかわいいにこしたことはない!
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     リンクエリア1
このバナー使ってほしいな!
ショートショートとりぶうの読むコント宮古島へのリンク
右クリックで名前をつけて
画像を保存して使ってね。

相互リンク一覧も見てね

のぶちんと神様の日記
ずっと♪CuteMama
今日は何しましょうか?
自分を探して
現代語訳「今昔物語」
one more time
空想Cafe 日ごろ景色
モエレ沼公園通り
プリモプエル奮戦記
ゆみぴい日記
宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」
うつ病トマト自分探し旅
すくわか グルメ
羊飼いな日々
日吉丸の買い物日記
デイリー・ロク
哲雄&AKIの不純愛講座
「おとなの恋愛小説」倶楽部
雨のち虹。時々とまと
線香花火
OLミユキさん
癒しの宮古島
宮古島ナビ
宮古島オンライン
もう少し生きてみようじゃないか
トモにゃん日記
官公庁のバイトさん
~怪しい探検隊~
アパート経営で副業生活
ちょっと一息
健康・薬・美容のあれこれ
kurosio note
サミタ帝愛カジノ『沼』攻略への道
路地裏ニライカナイ
腹ペコ番長の三ツ星ブランチ
1日10分 1年で創る自分史
COCOマミーのケ・セ・ラ・セ・ラ
きのこにっき
こころと体に光を
こころのかたち。
日本一のみかん農家
いしまり総統の独身OL帝国
笑い話千夜一夜
ノラ家の日常・非日常
人生楽ありゃ苦もあるさ
FIELD & STREAM
するめ日記
ワクワクの森
短編物語
クマゴローYOGIYOGI
ぽんぽこりん日記
シナモン「飛行船の殺人」
小説人気ランキング娯楽部
りくの日記
回転!揺りイス固め
ドラッグストア店長日記
通販ショップ Ring
眠気耐えられないサラリーマン
のほほん お散歩日記
あざらし☆BEAUTY
ガケップチ我が侭コラム
過ぎ行く日々の雑事
富山市・中心街通信
リハビリ病棟は今日も大笑い
よっちゃん’s BAR
さぼりのクリーニング日記
トビナナフシ日記
映画レビュー
極楽トンボの思うこと

リンク切れと判断した場合は削除しますが、見落としてリンク切れと判断してしまった場合は教えてくださいね。
FC2リンクに追加する



     おかげさまです

     ランキング
人気記事ランキング10
面白いサイトがいっぱいなのでぜひ見に行ってくださいね。自分のブログにリンクを貼ってクリックするだけで参加できます。SNSからのリンクはカウントされません。