陣痛・・・!?~あなたができるまで 31ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  陣痛・・・!?~あなたができるまで 31 


陣痛・・・!?~あなたができるまで 31

テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学


※よろしかったら最初からどうぞ→あなたができるまで



娘よ。

かゆみとたたかいながらも、時間はこくこくと過ぎる。

おなかはますます大きくなり、外からでもあなたの足がわかるくらいになった。

妊婦というのは不思議な存在で。

わりと若い女のはずなのに、みんなにおなかをさわられる。

男性でも女性でも。

「さわってもいい?」

と聞く人もいるけど、いきなり、

「わ~、おおきい~」

とさわる人もいた。

もし、男性が妊娠してない若い女性のおなかをさわろうもんなら、

きゃー、なにすんねん!

どころではすまなくなる。

そう考えると、妊婦というのは女性だけど、ちょっと動物みたいだと思った。


あなたができるまで31 1・28




たまに、おなかが張ることもあって、そんなときは、

「陣痛か!?」

とビクビクした。

このころのわたしのいちばんの不安は、

『陣痛がわからなかったらどうしよう?』

ということで。

陣痛に気付かずに過ごし、なんじゃこりゃ~と言ってるうちに、あなたが出てきたらどうしよう、と思っていた。

それはそれで楽に産めていいじゃないか、と今なら思うんだけど。

後片付けをする人の身になってみると、それは避けたほうがいいと思った。

そんなことを助産婦さんに言うと、

「そんなあほな。わからんわけがない」

と一笑された。

たしかに、テレビドラマなどでは、陣痛がやってくると、悲壮感たっぷりの顔で、

「陣痛がきたわ!」

とやってる。

そうしてうんうんうなりながら子どもを産んでいる。

そんなドラマみたいなことが自分の身に起こるということが、なかなか信じられなかった。



店は日曜日だけがお休みだったので、しかちくとふたりで出かけた。

「ふたりだけで出かけるのはきっと最後」

を あいことばに、明石海峡大橋や宝塚ファミリーランドなんかに行った。

途中でおなかが張ってくると、

「陣痛か!?明石海峡大橋で出産か!?」

とビクビクしたけれども、ビクビクしながらもこれくらいの痛さじゃないはず、とどこかで思う自分がいて。

いつもそのとおりだった。


出産予定日は12月18日で。

12月13日の日曜日にも、「ふたりででかけるのは最後」をあいことばに出かけた。

助産婦さんからはいつ産まれてもおかしくない、と言われてたので、遠出はできなかったけど。

渋滞に巻き込まれてしまい、

「ここで陣痛始まったらいややなあ」

と考えていた。

さいわい、なにもなくてよかった。

近所にも、娘が妊娠中でという奥さんがいて。

その娘さんはなにやら安静にする必要があるとかで、妊娠8ヶ月くらいからずっと入院していたらしく。

わたしを見るたび、

「おたくはええわあ。ほんま、お元気でええわあ」

と声をかけてくれた。

12月14日。

そんな元気なわたしだから。

出産予定日を4日後に控えた日でも店に出て、店の外のそうじをしていた。

すると、自転車に乗った知人の女性が現れ、

「あらっ・・・・!」

と言葉を失った。

女性は大きな箱包みを持っていて、

「ごめん、もう産まれたもんやとばっかり思ってたから・・・」

とバツの悪そうな顔をした。

「おなかの中が居心地ええみたいですわ」

と言って、お互い苦笑いした。


しかちくとそのことを笑い話にしながら、

「あと10日もってくれたら、クリスマスやけどな」

なんて言いあった。

けど。

その夜、ふだんのおなかの張りとはあきらかに違う強い痛みがやってきた。

おなかのなかが地殻変動してるみたいに、骨盤がぎしぎし広がり悲鳴をあげていた。

「陣痛かもしれん」

わたしは痛みに耐えながら、言った。

ドラマのように悲壮感たっぷりだったと思う。

しかちくはひたすら冷静になろうとしていた。

背中をさすってくれて、がんばれと声をかけてくれた。

と、思う。

実は痛みに耐えるのに必死だったので覚えていない。

しばらくすると、それはおさまった。

おさまるとウソみたいに普通に会話もできた。

1時間くらいなにもなかったので、陣痛じゃないのかと思ったけど。

またやってきた。

おさまってはやってくるの繰り返しで。

それが陣痛であるのは、もはや間違いなかった。

陣痛というのは、何段階にもわたって、あなたがわたしから出てゆこうとしている、サインなんだと思った。

痛いけど、耐えられるのは。

小さい小さいあなたが、初めて見せる感情が。

生きたいという意志が。

伝わってくるからだ。

いっしょにがんばろうよ、と思った。

そうして。

痛みに耐えながらわたしは。

「ほんまに、陣痛はわかるわ・・・」

と妙にナットクしていた。



つづく

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コメントの投稿

非公開コメント

いや~、、、

とりぶうの文章を読んでいると、まるで昨日のことのように思い出して来ちゃうね。
とっても懐かしく、そして陣痛はやっぱり苦しかったと思い出し、今にでも胸が張って来そうな気になってくるから不思議だよ(笑)
(本当にそうなら、大きくなって嬉しいのになぁ)

私って一人目の時は陣痛のおさめ方法を知らなくて、相当苦しんだんだ。
息を止めて苦しんでいる私に看護婦さん、「呼吸法はどうしたの?」って。
私が「???」って顔をしてたら「母親教室受けてないんですか?」ってメッチャ怒られて・・・。
(だって休んだそこの1回は、新婚旅行中だったんだもん・・・><。)
看護婦さんから教わったら、なんちゃーない、スーって陣痛がおさまって、「早く教えてよ・・・」なんて心の中で思ったもんよ。

ああ、なつかしい。


さあ、鼻の穴からスイカを出すような痛みが襲ってくるぞー!!

本当に

大変なんだなぁと改めて思いました。
私を産んでくれた母と
子供を産んでくれた嫁に改めて感謝(人-)

No title

よかったね~
陣痛がわかって \(^o^)/
目が覚めたら隣で赤ちゃんが寝てました・・・って 笑)
私の母は 24時間頑張ってガリガリで身長の高かった私を生んでくれました。
本当に痛んだって聞いてますが・・・・
生んじゃう時は 口にスイカを無理やり仕込んだ感じって・・・・
ほんと?

いよいよですね!

こんばんわ、とりぶうさん。。

いよいよですね!
そうそう、妊婦の方のお腹って触ってしまいますよね。
いっぱい触ってもろたほうがええんとちゃう??
可愛がってもらうってことで・・
ところで、陣痛ですね。
いよいよや~~~~

No title

なんだか、自分の時と重ねて感情移入して読ませていただきました。
出産って一人ひとりの子がドラマですよね。
いろんな人から体験談を聞いても、まったく意味がないというか、皆違うんで参考にならなかったです。
自分の子は自分が生むしかないと、最後には腹をくくるというか。
この先が楽しみです。

八重yamabuki さん。

鼻の穴からスイカとは、ほんとによく言ったもんだよね。
あの痛み、忘れてしまうのが、またすごい!
二人目出産のとき、
「あ~!そうだった、あの痛みがまたやってくるんだ!」
って直前になって後悔したよ。
そうそう、胸はびっくりするくらい、しぼむ!
我ながら、詐欺だと思ったよ!

のぶちんさん。

いや~、大変でしたよ、やっぱり。
でも世の中のお母さんがみんな経験してることなので、きっと大丈夫だろうという楽観的な考えもありましたが。
なんのなんの!
みんなよくあんなの耐えられたな~と尊敬しました。

イノぶたさん。

ほんと、陣痛がわかってよかった!
めっちゃ、わかりやすかった!はははは。
それにしてもイノぶたさんのお母さん、がんばったね~。
24時間!
気が遠くなる~!!
スイカはほんと、そんな感じです。

さすらいの阿呆鳥さん。

やっぱり、おなか触っちゃいますか~!
いっぱい触ってもらったほうがいいんだ!
それは知らなかったです。
わたしはけっこう触ってもらったのでよかったのかも。
陣痛、やってきましたよ。
なんか、思い出すだけでも痛いです~!

羊飼いさん。

そうそうそう!
いろんな人から話を聞いても、どれもみんな違って、やっぱり自分のときも違った!
ふしぎですよね~。
相当痛いけど、何人も産んでしまうという。
あれも、不思議ですよね~。
     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです