西オーストラリアコンチキツアーショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  コンチキ!(6)~オーストラリア金髪女トニとオトコとトイレット~コンチキ!(7)~オーストラリア金髪美女2日目の夜~コンチキ!(8)~紀の国のサル オーストラリア秘境エマゴージへ~コンチキ!(9)~オーストラリアの夜テント泊カナダ?~コンチキ!(10)~オーストラリア・バングルバングル ヘリコプター~ 


コンチキ!(6)~オーストラリア金髪女トニとオトコとトイレット~

テーマ : 海外旅行 ジャンル : 旅行
(560)

コンチキ!(1)から読む


「待ってるの暑かった~!みなさん、はじめまして、トニで~す!」

乗ってきたのは金髪青い目美女、28歳。

日本人が、想像する、ザ・ガイジン女性、といういでたちの女性でした。

男性陣はいっせいにおしりが2センチほどあがりました。

とくに、シドニー警察官のネイサンと、おとなしい格闘家という風貌のオランダ人、テオの食いつきはすごいものがありました。

『女はマルー以外全部アウト』発言でコンチキツアーのいや、日本女性全員の
(ひとりだけやろ!)ひんしゅくを買った大木こだまイタリア人、ルカも口元をにやにやさせています。

トニはキュートでおっちょこちょい。大きな口を思いっきりあけてがはははと笑う。

でもぜんぜん下品じゃない。まるでラブコメディの主人公そのままな感じのひとでした。

「ああいう風貌に生まれたら得やなあ。」

わたしがポツリとつぶやくと、

「オレ、トニみたいなん、あんまりタイプちゃう。」

としかちくがなぐさめとも傲慢ともとれる口調で言いました。

トニはガイド兼運転手のマークにかわって、今日はこれからどこそこへ行きますといった指示を出します。

マークのときはみんなおとなしく聞いてたのに、トニになってからは、あちこちから突っ込みが入り、大盛況。

まるで、教育実習に来た女子大生を質問ぜめにする中学生みたいな感じでした。

バスはいよいよガタガタ道に突入です。

ところどころに大きな水たまりがあって、そのたびに車体が大きくかたむきます。

小1時間走ったところで、バスは止まりました。ガソリンスタンドも建物もありません。

「いまからトイレ休憩です。男は右、女は左。」

マークが笑いながら宣言します。さすがオーストラリアは観光国。こんな何もなさそうなところにまで、しっかりトイレを作ってるんだ。

わたしはちょっとおどろきました。バスを下りると、まわりはまばらな草むら。見渡してもトイレらしきものはありません。

ちょっと、トイレはどこ?

わたしはいぶかしく思いながら、前をゆくアメリカ人男性のあとをついてゆきました。

しかし、彼はなんだか早足でわたしをまこうとしています。

ちょっと、なんでまくねんな。妊婦に対してやさしくしてくれてもええやんか。

わたしは妊婦をなめるなとばかりに、ようやく立ち止まった彼に追いつくと、彼は早口でなにか言います。必死にバスの反対側を指差しています。

「女性は左!女性は左!」

は?そういえばマークもそんなこと言ってたな。よく見ると、彼はトイレの最中でした。

「おおおお~~!アイムソーソーリー!」

わたしはそのときすべてを理解しました。

見ると、みんな一定の間隔をあけて、じっとトイレの最中。

わたしのつたない英語力では、マークの意味深な笑いの意味まで理解できなかったのです。

ああ、もうちょっとで間違うとこだった~。
(すでに間違ってる!)

わたしはトニのまねをして、がははははと笑いながらその場をあわてて離れたのでした。







(追記)

みなさま、いつもお読みいただきありがとうございます!

宮古島はいま、新型インフルエンザが大流行中。
夏休みにもかかわらず、子どもたちにもかなり広がっているようです。
こんなに湿度も高くって暑いのに死なないウイルスって!
その強さをわけてくれ!
と、少々夏ばて気味のわたしです。
みなさんも新型インフルエンザには気をつけてください。
ところでのぶちんさんによると、北海道ってもう夏休み終わってるんですね!?
もう秋の気配だとか。
宮古島に秋の気配が訪れるのは12月頃。
日本は長いですね~。

さて、一週間、『コンチキ!』をお読みいただきありがとうございました。
来週は宿のおはなしではじまります。
そしてわたしの体にも異変が・・・!
そんなおおげさなことでもないんですけどね。
ぜひお読みくださいね!
では来週もお待ちしてますね~!
とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コンチキ!(7)~オーストラリア金髪美女2日目の夜~

テーマ : 海外旅行 ジャンル : 旅行
(561)

コンチキ!(1)から読む


夕方近く。コンチキツアーバスにゆられてたどり着いたのは、山の中のコテージ

敷地の真ん中に売店兼バーレストランがあり、それをとりまくように宿泊施設がならんでいます。

基本、2人か3人でひと部屋。ひとりで参加している人は、毎回相手がかわりますが、カップルは同じ部屋。

元カップルのオランダ人マルーと、紳士なイギリス人も当然同じ部屋。

わたしは、この機会にキミたち、ヨリを戻したらどうだね、と彼らの恩師の気分でひそかに思っていましたが
(大きなお世話!)、

どうやらその気配はまったくありませんでした。

かわりに気になり始めたのが、ガイド兼運転手のマークとアシスタントの金髪美女トニが同じ部屋になるということ。

ちょっと、ちょっと、そこらへん、どういうことになってんのよ!?

わたしはあからさまに興味をもちました。そして興味が高じて、トニに直接聞くことさえしました。

ふだんは、できる限り英語を駆使したくないので(情けない!)、モナリザのようにあいまいなほほ笑みをたたえていたわたしですが、こういう重大な事件は別。(どこが重大や!)

泉ピン子のような感じのよいほほ笑みで(感じ悪いわ!)、トニに『あんたらどうなってんの?』と聞いたのでした。

「ないないない!ま~ったくない!マークはたしかに仕事上尊敬するいい人だけど、そんなオトコとかオンナとか、ぜんぜんカンケーないよ~!」

トニはがははははと大笑いして言いました。

おお、この言葉、ネイサン(渡辺徹似のシドニー警察官)やテオ(おとなしい格闘家)に教えてあげよう!

と思いましたが、わたしの中のナマケゴコロが『イングリッシュやで~』とつぶやくので、やめました。
(がんばれよ!)

コテージでは、オプショナルツアーとして乗馬体験ができます。

しかちくはさっそく申し込み、いそいそと出かけて行きました。身重のわたしは置いてけぼり。

まったくしかちくという男は、

芸のためなら女房も泣かす男やで。

わたしは部屋のベッドに寝転がりながら、ぶつくさぶつくさつぶやいていました。

寝ていると、おなかの中でなにかがぴょこっと動きます。内側からおなかをつつくようなくすぐったさ。

おおっ!これはひょっとして、子どもが蹴った!?わたしは動いたあたりを押してみました。

なんの音沙汰もありません。気のせいか?と思っていたら、またぴょこ。

おおお~!これはまさしく胎動!

わたしの顔がほころぶのがわかりました。しかちくにこの感動を早く届けたい!

あの女房泣かす男にこの感動を!
(どんな言い草や!)

ようやく帰ってきた女房泣かす男にこのことを報告しようとすると
(しつこい!)、

彼は、

「蹴られた!」

と言います。ちょっと、それあたしのせりふ!蹴られたのはあたしのおなか。

「馬に足蹴られた。めっちゃじんじんして痛い。」

しかちくは足を押さえます。

聞けば、馬に乗って気持ちよく走っていたら、その馬と仲のよくない馬がやってきて、しかちくを蹴って行ったのだとか。

あらあ、かわいそうに、うっひっひ。

わたしは同情しながらも、笑えてきてしかたありませんでした。






(追記)

みなさまいつもご訪問コメントありがとうございます!

少し風邪をひいてしまいました。
宮古島は今、最高気温32度、最低気温27度のあたりをず~っとうろついています。
夏風邪というのはクーラーもしんどいし、暑いのもしんどいし、やれやれというかんじです。
夜中、のどが圧迫されるようになったので、ひょっとしてわたしは甲殻類アレルギーなのかも!?
と心配しました。ばんごはんがエビピラフだったもので。
しかし食べたのは6時間も前。
いくらなんでもアレルギーとしてはおそすぎる。もう消化するころやで。
と思いなおし、まさかの風邪というところに落ち着いたのです。(どこがまさかやねん?)

ところで、いまコンチキバスはどころへんなのか?という calcan3000さんのご質問ですが、ホールズクリークというあたりです。上の絵の地図でいうと、矢印三つ目くらいでしょうか。なにぶんいいかげんな地図なものですみません。
なんせ、壮大な光景つづきでした。
野生のラクダとか、カンガルーとか、ワニとかが本当に見ることができるというのが感激でした。

さて明日は秘境へ。
けっこうツアーはハードになりつつあります。
でも気楽にお読みくださいね!
ではまた明日もお待ちしてますね~!
とりぶう

(追記の追記)

今日は下にもうひとつ記事があります~

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コンチキ!(8)~紀の国のサル オーストラリア秘境エマゴージへ~

テーマ : 海外旅行 ジャンル : 旅行
(562)

コンチキ!(1)から読む


コンチキツアー西オーストラリア3日目はエルクエストロゴージへ行って、エマゴージで宿泊。

『ゴージ』というのは峡谷のこと。4時に行っても『ゴー時』です。
(くだらん!)

朝から一行は渓谷のぼり。ガイドのマークがわたしに『大丈夫か?』と聞きます。

大丈夫かですと?

いつも言うてるように、ワイは紀の国のサルと呼ばれた女や。
(初めて聞いたわ!)

山登りほど得意なもんはあれへん。

わたしは自信満々に『ノープロブレム!』と答えました。

最初はおだやかな草むらの中を進むのですが、だんだん道は細くなり、ところどころ橋の架かっていない小さな川が流れています。

おまけに途中から道はほとんどなくなり、大きな岩をよじのぼったり、岩から岩へ飛び移ったりしなければなりません。

こんなしんどい目に会うんだったら、マークのいうとおりバスで待ってたらよかった。

わたしはさっそく後悔しました。わたしの中のナマケゴコロがヤルキングを飲み込もうとしていたとき。

うしろを歩いていたマークが、

とりぶうはすごいな。こんなタフな妊婦、はじめて見たよ。」

と驚嘆の声をあげています。

それを聞いたわたしの中のヤルキングが有頂天。

どや、言うたやろ!ワイは紀の国のサルや!ウキキキキキ!ウホッホッホッホ!
ゴリラになってる!)

もう騒いで騒いで大変です。

5500キロの道のりをひとりで運転し続けるタフガイ、マークにほめられた妊婦。

わたしはその事実にがぜんやる気をだして、まわりのみんなが引くくらい、精力的にがしがし登って行ったのでした。

そうしてたどり着いた先は、お約束の冷たいプール。

でも、そこはまさにわたしが初日に想像した爽健美茶のCMのような光景でした。

素焼きのつぼみたいな色をした、大きくて乾いた岩の間から、まっすぐに落ちる細い滝。

ふかみどりとあおみどりが交錯する水面。木々の間から散らばって届く太陽のひかり。

なにもかもがあまりに素のままで美しく、眺めていたいけど、飛び込んでみたい、でももうちょっと眺めていたい、という贅沢な感情で、心の中は忙しいのでした。

しかし、来たからには戻らねばならぬ。目的を果たしたあとの人間というのは、ヤルキングが急降下。

ごちそうを食べたあとの皿洗いが、イヤでたまらないのといっしょです。

わたしの中でまたもやナマケゴコロが台頭してこようとしていたとき。

「ティムがねんざしたらしい。」

という情報がかけめぐります。ティム。おとなしいオーストラリア人

そのおとなしさゆえに、わたしが唯一、上から目線でものを言える人。
(やめろ!)

肩を支えられ、足をひきずって歩くティムが見えます。ほとんどのメンバーが疲れきった顔つき。

それを見ていると、なぜかわたしのヤルキングが顔を出し、またもや『ワイは紀の国のサルや!』

という気になったのでした。






(追記)

みなさまいつもお読みいただきありがとうございます!

秋の気配はまったく感じられない宮古島です。
本土のほうではもう赤とんぼが飛んでたりするんでしょうか?
思い出すなあ。
夏の終わり。
赤とんぼ。黄色くなってゆく稲穂。
青く高くなってゆく空。
たまった宿題。
カツオ、今年も宿題ためるのかなあ・・・。

まあそれはどうでもいいとして。
明日のコンチキツアーはテントで泊まります。
どんなテントだったのか・・・?
気楽に読んでくださいね~。
ではまた明日もお待ちしてますね!
とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コンチキ!(9)~オーストラリアの夜テント泊カナダ?~

テーマ : 海外旅行 ジャンル : 旅行
(563)

コンチキ!(1)から読む


コンチキツアー西オーストラリア3日目の宿はテント。旅行中の宿というのは、非常に大切なもの。

宿泊施設というのは、どれだけつまらない映画でもブラピが出てればすべてよし、みたいな『終わりよければすべてよし』的な重要度を持ちます。

それをテントとは。

わたしはとっさにおとなしいオーストラリア人、ティムの心配をしました。

ティムはねんざしたんやで。おまけにおなかも大きいんやで。

だからトイレも近いんやで。寝袋とかはいややからな。とティムのことで心を痛めていました。
(ほとんど自分のことや!)

ところが。着いたところはまあ、びっくり。こんな山の中に、なんという豪華な!と度肝を抜かれるテントでした。

テントというのは名ばかりで、中に入ると、しっかりしたベッドはあるわ、冷蔵庫はあるわ、シャワーもトイレもついてるわ。

たしかに見た目は大きなテントだけど、中身はきちんとしたホテル。

まるで、おっちゃん、このテント、窓もコンロもついて犬まで飼ってるのにどこがホームレスや?という感じなのでした。

夕食後、ひとつのテントのコテージで、宴会がはじまりました。宴会は毎晩のように開かれているのですが、わたしは妊娠中で禁酒中のため、この会が初参加。

でも、ミネラルウォーターのペットボトルを持ったわたしにも、いろんな人が話しかけてくれます。

オランダの税金がいかに高いかを力説する、気さくできれいなオランダ人姉さん、マルー。

「あたし、助産婦やってんの。とりぶうはあたしよりもずいぶん山登りもしっかり出来てるし、こんなに健康だったら、きっと丈夫な赤ちゃんが産まれるよ。」

と、その後もわたしの妊娠中の質問にいろいろ親身になって答えてくれたオーストラリア人女性、シルバーナ。

彼女は見た目はマフィアのボスみたいなかわいらしい人で(ほんまかよ!)、とてもおおらかな女性でした。

その夜は、それまであんまり話したことのないメンバーとも話せて、とても楽しく過ぎました。

ユダヤ系アメリカ人、ヒゲのジェラルド。

ちなみに彼はただ濃いだけで、ヒゲは生やしていません。
(なんやそれ!)

ピアノが上手なカナダ人、マイクのめがね。
(めがねのマイクやろ!)

196センチの長身イケメンちょい性格ワルスイス人、ニコラ。

それまでのわたしは、交渉事はすべてしかちくまかせで、ひたすらモナリザとして感じよくにやけていたのですが
(どこが感じええねん!)、

うちとけて話してみると、みんな同じように悩みを抱えた人間なんだとほっとしました。

出会いは個人と個人です。英語なんかきちんと話せなくても、楽しい思いは通じるのです。

わたしはしんどい思いをしても、このツアーに参加してよかったとしみじみ思いました。

そして連れてきてくれたしかちくに、あらためて感謝しました。

冗談はさておいて。
(冗談かよ!)

翌日、わたしたちはこの旅行最大の見所、バングルバングルへと向かいます。

ここは西オーストラリア一の絶景。雄大すぎて、何がなんだかようわからんくらいなのです。
(なんやそれ!)

翌日の観光を楽しみにして、宿泊施設に到着。この日も宿泊はテント。

でもオーストラリアのテントはあなどれない豪華さやからなあ。

わたしたちが割り当てられたのは『ケベック』というテント。いうなれば、『カナダの間』。

さぞ広々したテントなんだろうと行ってみると。そこはバスもトイレもない小さな正統派テントでした。

当然電気も通っていません。さすがカナダの間。

自然が売りとはな。
(イヤミやな!)

星空がおそろしいくらい、きれいでした。






(追記)

いつもお読みいただきありがとうございます!

さてわたしはしばらく旅にでます。
探さないでください。
うふふふふ
なんてのは冗談で。
いえ、旅に出るのはほんとです。
夏休みじゅう、海以外ほとんどどこにも行かなかったわたしたち一家ですが、(お盆休みは仕事でした)明日から日曜日まで沖縄に行きます。
え~、そこ沖縄やないか~
という突っ込みが聞こえてきそうですが、宮古島の人は沖縄本島に行くとき、
「沖縄に行く」
と言います。
那覇に行きます。ナハ、ナハ、ナハ。(ふる~)
ひさしぶりの都会やわ~。
きょろきょろしたらどうしよう~。

その間、みなさまのところへ訪問できませんので、ごめんなさい。
コンチキの記事はもちろんアップします。
明日は前半のいちばんの見所、バングルバングルへ行きます。
ぜひお読みくださいね~!
ではまた明日もお待ちしてますね~!
とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

コンチキ!(10)~オーストラリア・バングルバングル ヘリコプター~

テーマ : 海外旅行 ジャンル : 旅行
(564)

コンチキ!(1)から読む



わたしたちにコンチキツアー西オーストラリア行きを勧めた友人は、

バングルバングルに行かないと後悔するムニダ。」

ハングルでわたしたちに力説しました。
(うそつけ!)

ガイド兼運転手のマークも、

バングルバングルはいずれエアーズロックくらい、有名になるだろう。」

と、有名になりつつあるコブクロをプッシュする一般人みたいな顔つきで言いました。

朝早く起きたわたしたちは、ヘリコプター乗り場へ行きます。

バングルバングルの絶景を、上から目線で見てやろうという魂胆です。
(ヘンな言い方するな!)

ヘリコプターは4人乗り。わたしとしかちくと、アメリカ人のヒゲのジェラルドがヘリに乗り込みました。
(ヒゲ生やしてないのに、その呼び方やめろ!)

このヘリにはなんとドアがありません。高いところを飛ぶヘリにドアがないって、トイレにドアがないくらい大変なことやんか!

飛び降りようとしたら、いつでも飛び降りることができるという不安定さに、ちょっとびびりました。

しかし、わたしはそれでも、遠くに見える茶色のでこぼこの全景を見たくてうずうずしていました。

みんな耳にヘッドフォンをつけます。ヘリは相当大きな音で、会話などまずできません。

もし会話したければ、どこかのスイッチを押せといわれましたが、この大音響のなか、会話するだけでも大変だろうと、聞き流しておきました。

ヘリはごう音とともにスムーズに離陸します。あっという間に遠くなる地面。

それとともに、遠くの茶色のでこぼこが視界に入ります。

「うわ・・・・!」

わたしは声をあげました。

なんという景色!ヘリから見下ろすバングルバングルは、地球の光景とは思えませんでした。

こげ茶色の、マットレスの表面のような大小のでこぼこ。それが、無数に連なって見えないところまで広がっています。

こげたバウムクーヘンのように重なり合う地層。そのてっぺんは、長い年月、風に削られて丸くなっています。

荒々しいけどどこか牧歌的な、そして途方もなく原始的な光景。

これほどの景色とは!

わたしはその感動を横にいるしかちくと共有したくなりました。

が、会話するスイッチを聞き流していたため、伝えることができません。

ジェラルドとしかちくは感動をことばにして伝え合っています。

ちぇっ、遠くの親戚より近くの他人かよ。
(自分が悪いんや!)

わたしはたまりかねて、

「ほんまに、すごい景色やなあっ!」

思いっきり叫んでみましたが、ごう音に消されるばかり。

ああ、この感動、だれとも共有できないとは。わたしはものすごく感動するミュージカルをひとりで見に行った気分でした。

そこで、この気持ちをカメラと共有することにしました。

ひたすらシャッターを押した結果、撮った写真は16枚。ここ5年でわたしが撮った写真の数より多いのでした。

でも。感動とともに撮った写真よりも、ネットで検索した写真のほうが、断然、感動的な気がするのです。

だれか、ネットでバングルバングルを見た人、感動共有しませんか?







(追記)

みなさま、いつもお読みいただきありがとうございます!

バングルバングルはいまや世界遺産なんだとか。
マークの言うこともちょっとは当たってたのかなあ。
でもほんとに雄大で、すごい景色です。
世界って広いなあ~とつくづく思いました。

さて明日は先住民族アボリジニについて。
気楽に読んでくださいね!
ではまた明日もお待ちしてますね~!
とりぶう

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです