ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  風なんです台風のめ!台風進入禁止の窓さらば八重山 ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (15)見るだけで朝食を ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (14) 


風なんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

部屋に入ってきたカナブンを外に出そうと、それをつかみ、

しばらく軽く握っていたら、

カナブンの足ががしゃがしゃ手のひらにあたった。

そうだ、この感触!

わたし、けっこう好きだったんだ!

と思い出した。

金曜日。

モコ日記です。








ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

この間、台風でものすごい風が吹き荒れていたときのことです。

みんな家にいるにもかかわらず、なぜかぼくを放鳥してくれません。

みんなヒマそうにしてるにもかかわらず、なぜかぼくを放鳥してくれないのです。

なんでだろうなあ。

とても不思議だったのだけど、ときどき思い出したようにしかちくさんもとりぶうさんも忙しそうにしていたので、なにかぼくにはよくわからない人間さんの行動があるのだろうと思います。

ぼくは人間さんがヒマなときにしか相手にしてもらえないのかなあと思うと、少し悲しいです。

かといって、ぼくがそっとしててほしいと思う瞬間に、とりぶうさんがちょっかいをかけにきたりすると、やたら腹が立ってしまうのでそれはお互いさまということなのだと思うことにしました。

ようやく、荒れ狂った天気もおだやかになって、ぼくも放鳥してもらいました。

一目散にしかちくさんのところに行き、しばらく羽繕いしあたと、これまた一目散に水浴びしました。

たった2日ぶりだったけど、じめじめして暑かったので、とても気持ちよかったです。

そのあと、また一目散にしかちくさんのところに戻って、扇風機の風に当たりました。

うしろから風を当てると、羽が広がってよく乾いて気持ちいいんです。





モコフレア 001





風の一部になった気分です。

台風みたいな強すぎる風はほんとうに厄介だけど、そよ風というのはとても心地よいです。

そよ風に当たりながら、

「外で暮らしている野生の鳥たちは、台風のあいだどうしてたんだろうなあ」

とぼんやり考えました。

放鳥してくれないときがあっても、安全に暮らせる環境にいられるのはしあわせだなあと思いました。








モコは夏になると水浴び時間が長い。

文鳥も暑いんだろうなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

台風のめ!

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

台風8号が宮古島に直撃して、

ネットがつかえなくなり、

そうするとわが家ではテレビも見れなくなり。

ガラケーなので、いろんな情報がはいらなくて、

恐ろしいくらいの風が荒れ狂うなか、ずっと、

「だいたい、いま、台風どこらへんやねん?」

と思いながらすごしていた一昨日。

午後4時前、

じょじょに風が弱まり。

しまいに風がやんだ。

そして、明るくなった。

急いでセミが鳴き始める。

あ、

入ったよ、台風の目!





め! 001





外に出ると、太陽が見えた。

ものすごく蒸し暑く、水蒸気が目で確認できるほどだった。

雲の中にいるんか、と思うくらいだった。

水蒸気が太陽光に反射して、あたりがキラキラと光っていた。

無風状態はしばらく続き、

その後、暴風がすさまじかった。

いや、まじすさまじかった。

いつ窓ガラスが割れるかと、びくびくしてた。

ところで、台風というのは大名行列と似てる。

台風のいちばん強い部分が殿さま。

で、家来がいっぱいくっついてるんだけど、

殿さまが通り過ぎてからが、長い。

殿さまほどの威力のない風が、地味にふきすさぶ。

ず~っと吹きすさぶ。

まだ来るんかい!

としまいにはイラつきはじめる。

まだじゃっかん家来の残りが吹きすさぶ宮古島。

夏も台風の季節も、まだはじまったばかりなんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

台風進入禁止の窓

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

宮古島地方、いま台風直撃中。

各家庭、最上級の対策をしているらしく。

きのう宮古島のスーパーでは水やラーメンなどが消えたらしい。

先日、

「そういえば、ビニールテープを買わなあかん」

といって、100円ショップで大量に購入したのが大活躍。

テープで窓に×印に貼った。


もってくれよ 001





ヘリコプターが着陸する地点みたいに、でかい×印。

家じゅう貼ったら6個のビニールテープがなくなったので、

どうかガラス窓よ、もってくれ、

と祈るばかりである。

外は風の出す、う~と、びゅ~のミルフィーユ。

ときどき、ご~と唸る。

ちょっとだけ明るい気がするのは、台風の目付近にあたってるのだろうか。

なんというか、風の唸り声というのは、心がざわざわするものなので、

早く通り過ぎてほしいなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

さらば八重山 ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (15)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

石垣島にある「南ぬ島石垣空港」は、
「ぱいぬしまいしがきくうこう」と読む。
沖縄では東西南北の読み方が独特で、
東=あがり 西=いり 南=はい、ぱい 
北=ちょっとよくわからないので調べたら、なんと北は「にし」と読むらしい。

ほんまかいな!

いままで北を「にし」と言ってるのを聞いたことがないので、真偽はよくわからないのだけど。
ひょっとしたら、「北村さん」と書いて「にしむらさん」ということだってあるのかもしれん。
しかし、「北谷」は「ちゃたん」だし、「ちゃ」にいたっては、どこからしゃしゃり出てきたのかわからず。
なんかもうキラキラネームばりのよくわからなさである。

そういう方式でいうと、漫画「タッチ」の南は「ぱい」ということになり。
「南を甲子園につれてって」が
「ぱいを甲子園につれてって」
ということになり。
なんだか言うたらあかんようなことを言うてるような感じになりさえするではないか。
え?(どうでもええ)

さて。
この空港は、国際空港である。
マスコットキャラクターのぱいーぐるというのもいるらしい。



ぱいーぐる 001





台湾や中国からしたら、一番気軽に来れるニッポンが石垣島なのだろう。
空港ロビーには外国人もたくさんいた。
ひとむかし前と違って、昨今は日本人と台湾や中国などから来た外国人の区別がつきにくくなってきた。
しかし、あきらかに日本人とわかる人もいる。
真っ黒に日焼けして、ちょっとだらしない格好をした人はだいたい日本人である。

なんでもっとしゃんとした格好をしないの?

と思ったら、鏡に映った自分だった。
びっくりした~。(あほやろ)

いや、だらしない格好というけどもね。
ちゃんとした格好してても3割引きくらいだらしなく見えてしまうのよ。
色が黒いと、よほどビシッとしたスーツでも着てシルクハットでもかぶっていないかぎり、
どうしてもだらしなく思われてしまうのよ。
これを「黒魔術」というのよ。(言わん)

チェックインし、あとは飛行機に乗り込むだけである。
石垣ー宮古間なんて、そんなに乗る人はいないだろうと思ってたら。
思ったよりもいる。
定年退職同窓会風おじさんなんか1ダースくらいいた。
おじさんたちはお行儀よく座っていた。
思うに、こういう集団は、おばさんだとけたたましくなるはずなのに、
おじさんたちはかしこい幼稚園児みたいにお行儀良い。

ひとりのおじさんがソフトクリームを買いにいき、友達のぶんも買ってきてあげてた。
買ってきてもらったおじさんは行儀よくそれを食べていた。
まるで「がまくんとかえるくん」のふたりみたいだった。

おばさんならこの場合。
「あら、わたしも食べたいわ、どこに売ってたのそれ?」
「あんた、さっきもケーキ食べてたのに、まだ食べるわけ?」
「買いに行くならわたしの分もね~」
「うきゃー」
「むきゃー」
などと大変な騒ぎになるはずなのだけど。
おじさんたちはひたすら、おだやかににぎやかなのがよかった。

雨が降っていた。
が。
なんと、わたしたちの乗る飛行機は、いったん外に出て、飛行機のある場所まで歩く。
そしてタラップをのぼって乗り込むのである。
こういうやり方はひとむかし前ぽくて牧歌的で、いやではなかった。

離陸後、20分強で、
「宮古島に到着でございます」
だった。
風の向きにもよるだろうけど、宮古と石垣、たった20分強なんだなあ。
なのに言葉も風土も微妙に違い、
その違いが面白いのである。

あっという間に帰ってきた宮古島は、すでに故郷の島という気にすらなった。
離島って似てるけど、おなじではない。
「八重山、沸いてたな~」
とあれからしかちくと何度も思い返す。

とはいえ。
宮古島地方にも来年、国際空港ができ、
そのためのホテルの建設がラッシュである。
ネットニュースにも「宮古島バブル」と書かれていた。

伊良部島ではコテージタイプのラグジュアリーホテルがぞくぞく開業し。
先週、久しぶりに行ったシギラリゾートのあたりでは、
「要塞か!?」
と思われるほどのホテルが建設中。
わたしの住んでいる地域も、何棟もマンションが建てられている。

宮古島もそのうち、おどろくほど沸いてくるんだろうなあ。
いいことも悪いこともあって、島が変わってゆくのだろう。
焦らず発展してほしいと思うし、
できれば、100年後までも沸いてる!島でいてほしいものである。

それはきっとどの離島でも思うはずだけど。
西表島の自然を見てしまったら、
「あれだけは変わらないでほしい」
と思うのは身勝手なのかもしれない。

ともあれ、
先島諸島は明日から台風である。
台風がやってくると、沸いてても沸いてなくても、なにもかもストップ。
次の日仕事があっても飛行機は飛んでくれないし、
期限が迫っていても建設はストップする。
焦りは禁物、というのを教えてくれるものでもあるのだなあ。



おわり


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

見るだけで朝食を ~沸く沸く、沸いてる!八重山 (14)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

旅の楽しみのひとつは、食べ歩きにある、と思っているわたしたちにとって。
ホテルの朝食はとくに期待していなくて、
むしろなくてもいい、
どこかおいしいパン屋でブランチとか、早目の昼食をとるとか、そんなのがいい、
と思っていたりする。

今回泊まったホテルは、ダイビングショップに毛の生えたようなカジュアルなものだったので、
当然、朝ごはんに期待はしていなかった。
しかし、一応ついてるという。
パンとコーヒーくらいの軽いものはつくという。
それはまあそれでうれしいではないか。

ということで、朝食をとりに食堂に行くと。
カウンターの上におばちゃんがてきぱきとおかずを盛った皿をのせてゆく。
わたしたちより早く来ていたお姉さん、
というにはけっこうなお年だけど、
お姉さんと言わなければ機嫌が悪くなりそうな女性が、
その皿をとって、パンを2枚焼いていた。

一瞬、この皿のおかずは選ばれし人々のみに与えられたものなのでは?
と思ったが。
食堂のおばちゃんは迷いなくわたしたちのために味噌汁をよそってくれたので、
「いただきま~す」と言って、遠慮なくいただいた。

皿の上には、サラダとマカロニ、
沖縄でおなじみのポークと卵。
けっこうなボリュームである。
さらには味噌汁もついてる。
当然、パンもついてた。
頼めば白ゴハンも食べられた。
ジュースやコーヒー紅茶、いろいろ飲み放題だった。
そのうえ、おばちゃんの機嫌が良いときには、好意でてんぷらなんかももらえるらしかった。
おばちゃんの目をぬすんで、もう一皿余分にもらってもわからないくらいだった。
さらには、おばちゃんに余裕があれば、卵料理の目玉焼きがオムレツになっていた。
要するに、世界はおばちゃんで回っていた。

しかちくは、
「パンも食べようかな」
という。
大口たたいとるな。
とわたしは思った。

というのも。
しかちくはふだん、朝食はくだものしか食べない。
それもリンゴ4分の1個くらいなのである。
つねづねわたしは、彼の食欲は子猫なみだと思っていた。




キティちゃんか 001




わたしがいくら、
「パン食べる?」
「おにぎり食べる?」
とわたしの食べているものをすすめても、
「ええわ」
と断り。
くだものがないときには、
「きゅうりでええわ」
と、あんたキリギリスか、みたいな発言をし。
長いこと、朝食にパンなど食べたことない人が。
けっこうな量のおかず+パンとか、絶対むりだろうと思っていた。

立ち上がってパンを見学に行ったしかちく。
「ふ~ん」
と言いつつ、パンをひとしきりながめ。
手ぶらでもどってきた。
「パン食べへんの?」
と聞くと、
「いやあ、ちょっと腹いっぱいやわ」
と答える。
見ただけでお腹いっぱいになったらしかった。

しかちくは買い食いもあまりしない。
おいしそうな甘いものがあっても、
わたしが食べてるのを「ひとくち」もらうだけでいいという。
わたしは「ひとくち」あげるのもほんとのところイヤなのだけど。(心狭いな)
情けはひとのためならず。
しかちくに「ひとくち」あげるようにしている。
この行いはきっと神様がごらんになってらっしゃるだろう。
しかし、あまりにもたくさん食べようものなら、「あ!」と言って阻止するようこころがけている。
神様もそれくらいはご容赦してくれるだろう。(どんな神様やねん)

しかちくはこのごろでは、和菓子をちょびっとだけ食べるのを喜びとしとる。
そのうち霞を食べて生きてゆくようになるかもしれんなあ。

つづく


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです