ショートショート とりぶうの読むコント~宮古島  すみっこなんです衣替えに出づる悩み余計な知識とシャボン玉これが言えたら神滑舌!あなたは10回言えますか?VRやってみた 


すみっこなんです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

このところ、

「暑いと思って扇風機つけたら寒いし、動いたら暑いし、ようわからん気候やな」

としかちくが言う。

たぶんそれが「ちょうどええ気温」ということなのだろうが。

人は暑い寒いを言わねば気がすまないのかもしれん。

今日はまあまあちょうどええと思う、

金曜日。

モコ日記です。









ぼくはモコです。

ぼくにはお気に入りの場所があります。

それはかごのすみっこです。

止まり木もいいのだけど、すみっこのほうが落ち着きます。

なんでだろう?と考えたのだけど、たぶんすみっこはまわりに囲いがあるからかもしれません。




すみっこちゃん 001





その安心感があるからか、すみっこでよく寝てしまいます。

この季節は、うとうとするのがとても気持ちいいです。

とりぶうさんもナンプレをしながらよくうとうとしています。

春の陽気もいいものだけど、秋の黄昏も寝るにはいいものなんだなあと思います。







モコは秋になっても水浴びが欠かせない。

日に二回も浴びることがある。

人間は冬になったらお風呂がおっくうになるけど、モコはそんなことはないもよう。

ということは、文鳥にとっての水浴びは命にかかわることなのかもしれんなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

衣替えに出づる悩み

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

このところ、亜熱帯気候の宮古島も、急に寒くなったため、

衣替えをした。

わたしの衣替えは10分で終わる。

一年の半年が半袖Tシャツでオッケーなので、冬物は段ボール箱ひと箱ぶんしかない。

それを出すかわりに、もうさすがに着ないであろうと思われる夏物のショートパンツとかTシャツとかをその段ボールに詰めて終了。





衣替え 001




衣替えしたとはいえ。

実際は引っ張り出したニットの半分くらいしか着ない。

でも全部出す。

全部出して、

「いざというときにはこの服がある」

と安心する。

そして毎年いざというときが来ない。

それの繰り返しなのだけど、ニットが好きなので捨てられない。

なんの根拠もないけれど、ニットと言えばあたしでしょ、とすら思ってる。

ここ12年、ニットは1年に3か月ほどしか必要ない生活なのに、

ニットといえばあたしっしょ?

と思っているのだ。(あほやろ)

おまけに、しかちくが着なくなったニットカーディガンをもらい、

その冬はそのカーディガンばかり着たりして、

そうなると、いままで着てたニットの出番がなくなるのだけど、

捨てることはできない。

ニットはふつうの服よりも流行が少ないような気がして、捨てるタイミングがわからなくなる。

それは着物に通じるものがある。

年代物でも値打ちがあるように、セーターだってそういう感じがちょっとある。

そういえば、カウチンセーターは長いこと着るのは当たり前で、親から子に、そして孫に伝えるものだということを聞いたことが、

あるような、

ないような、(どっちやねん)

とにかく。

ニットといえばあたしなのだから、(自分で言うてるだけやん)

今年もニット生活を楽しみたいと思う。

そうすると、今日の寒さも許せる。

寒いと言っても23℃やけど。

ニットの出番はまだまだ先なんだなあ。

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

余計な知識とシャボン玉

テーマ : 日記 ジャンル : 日記


みなさんこんにちは。

うちの近くのドラッグストアでは、毎月末になると抽選会がある。

買い物をしたら5千円ごとに抽選券をもらえるので、月末までためておいて抽選するのだ。

が。

なかなかタイミングが合わず、抽選券をもらいながらも抽選に行けないことがほとんどだった。

きのう。

ひさしぶりにタイミングがあい、抽選することができた。

5回分の抽選券があり、ガラガラのやつ(正式名称:新井式回転抽選器)を5回くるくる回すと。

白い玉(通称:ガラポン玉)が2つ、緑の玉が3つ出た。

お店の人がちりんちりんのベル(ちまたの名称:洋鈴、抽選会場で当選したときや、いい等数が出たときに鳴らす鐘)を、

緑が出るごとに鳴らすので、

「わ、なんかええもんが当たった。それも3つも当たった」

と顔がほころんだのだけど。

緑は下から2番目でしかなく、

500mlの水か、シャボン玉(季語:春)のどちらかを選ぶのだった。

わたしは水(化学式:H₂O)を3本選んだのだけど、家に帰ってから、

「1つはシャボン玉にしといたらよかったかなあ」

と思った。

なにかの折にあったら楽しいではないか、と。




しゃぼん玉 001





子どものころはシャボン玉は自分で作るのが定番。

ヤクルト(エスペラント語でヨーグルトを意味する「ヤフルト」(Jahurto)を元にした造語である)の空き容器に石けんと水を混ぜて、

ストロー(海洋ゴミの悪者プラスチックの代表として代替品に切り替えるよう義務付ける規制案を欧州連合で発表。2019年を目途に、欧州議会と加盟国で議論されることとなった。ということは、これからは気軽にストローでシャボン玉が吹けなくなるおそれあり)で吹く。

自分で作ったシャボン玉はあんまり大きくならなかった。

それでも飽きることなく、何度も何度も作った。

シャボン玉の歌にあるように屋根まで飛ぶことはめったになく、

たいていは「うまれてすぐにこわれて消え」るのであったが。

じつは、シャボン玉の歌には続きがあった。

それがこれ。

シャボン玉 飛んだ
    屋根より高く
    ふうわりふわり
    続いて飛んだ

    シャボン玉いいな
    お空にあがる
    あがっていって
    帰ってこない

    ふうわりふわり
    しゃぼん玉飛んだ

なんと、続きではシャボン玉はめっちゃ高く飛んでる。

昭和11年に作られたという続きの歌。

いまでは歌われることはない。

どんな理由か知らないけれど、シャボン玉が歌の中で屋根よりも高く舞い上がることはなく今に至る。

屋根の高層化が原因という説(わたしが言ってる)もある。

高層(2018年現在、世界一の超高層ビルはドバイにあるブルジュ・ハリファであるが、1位から100位までをざっと見てみると、ほぼ中国の独壇場であり、日本はあべのハルカスでようやく153位。ちなみに2019年にはサウジアラビアにキングダム・タワーが完成予定でその高さ、なんと1007m、まさかの1キロメートル越えである。地震大国日本では考えられない高さであるよ)

え~っと、なんの話だったっけ?

ともかく、たいしたことのない話に、うんちくめいたことをいろいろ詰め込んでみた。

ためにならないこと必至なんだなあ。

必至(かならずそうなること)
必死(かならず死ぬこと、死ぬほどの覚悟をもち全力で挑むさま)

もうええよ

それでは~


とりぶう

関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

これが言えたら神滑舌!あなたは10回言えますか?

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

10回クイズではないけれど、10回言えない言葉というのがある。

有名なところでは「パンかべ」とか「あぶりカルビ」とか、

なかなか10回正確には言えない。

そんなことばを昨夜、発見した。

それは、

「パグカフェ」。

「パグカフェ」を10回連続、噛まずに言えますか?



パグカフェ 001





パグカフェ パグカフェ パグカフェ パグカフェ・・・・・と正しくは言えず、

途中、かならず、

「カブパフェ」、「パグカヘ」になる。

これはなかなかの難易度だと思う。

これが言えたら神滑舌認定してもいいのではないかと思う。

ぜひぜひチャレンジしてみてください!

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

VRやってみた

テーマ : 日記 ジャンル : 日記



みなさんこんにちは。

週末、宮古島の『産業まつり』というのがあり、しかちくと行ってきた。

しかちくは、それをカメ氏に、

「今日、産業革命に行ってきた」

と言ってしまい、

「産業革命に行ってきたん!?」

と驚かれていた。

さて正しくは「産業まつり」で。

いろんな会社や姉妹都市、お店などのブースがあり、その中に。

「VR」体験できるブースがあった。

近未来装置みたいなのをかけてバーチャルリアリティ体験ができるあれである。

そこではジェットコースター体験ができるという。

さっそくやらせてもらうことにした。

わたしたちの前に、ひとりのおじさんが体験中だった。

おじさんは例の近未来装置をつけられて座っている。

VR体験中だというのに微動だにしない。

まるで耳なし芳一のように動かないのである。

ほんまに目の前でジェットコースターが繰り広げられてるんかな?

わたしはいぶかしがった。

しかし、終わったおじさんは「すごかったですよ」みたいなことを言ってたので、

一応ジェットコースター体験はしたことがわかった。

案外リアリティないんかな?

わたしはひそかに思った。

次にしかちくが近未来装置を装着。

椅子に座ってVR開始。

わたしの横にいたおばさんが、

「おもしろいのよ、これ、ジェットコースターがオススメ」

と話しかけてくる。

さっきのおじさんの様子だと、それほど衝撃的でもなさそうだったけど、おばさんは目をキラキラさせておすすめしてくる。

そしてわたしと一緒にしかちくの様子を観察するのであった。

始まるとすぐに、しかちくがきょろきょろと頭を動かす。

授業参観の子供みたいである。

そして口を半開きにし、なにかに驚いている様子。

係の人が満足そうに見ていたので、本来、そういうふうに驚いてほしいものなんだろうなあと思った。

そして、しかちくの番が終わり。次にわたしの番である。

近未来装置をつけて椅子に座ると、目の前にジェットコースターのレールが現れた。

まわりはヨーロッパの雪山のような景色。

ジェットコースターは徐々に高度を上げてゆく。

「おーーーー」

そしててっぺんまで来たかと思うと、真っ逆さまに急降下。

「わーーーーーーー」

顔とのどと腹がふわっとなる、あの独特の感覚がやってくる。

「ひゃーーーーーー」

ジェットコースターはぐいぐい進む。

曲がり下がり、上り、曲がる。

そして最後にレールがなくなり、

すとーーーーん、

「うわーーーーーーー」

と落ちて、元のところに戻った。




VRは酔う 001





「はい終了です」

係の人が装置を外してくれた。

正直、ちょっと酔った。

説明書きに「酔うことがあります」と書かれてたのを他人事のように読んでたけど。

自分のことだったなんて。

さっきのおばさんが、半笑いで、

「おもしろかったでしょ?」

と聞きに来たので、

「すごかったです」

と答えたが。

しかちくが言うには、

「めっちゃ声出てたで」

とのことだった。

「まわりの人がなんやなんやて振り返るくらい、出てたで」

とのことでもあった。

わたしとしてはふつうに乗ってたつもりであるが、なにせこのごろなんでも口に出す傾向にあり、

自分の心の中で「わーひゃー」言ってたと思ったのが、

漏れ漏れだったらしい。

それにしてもわたしにはすごくリアリティを感じるもので、わーひゃー言わずにはおれなかったのだけど。

あのおじさんは微動だにしないで座っていた。

ひょっとしてすごくツワモノなのか。

あるいは稀代のゲーマーで、VRに慣れっこなのか。

なぞではあるが。

VRがあったら座ってるだけで遊園地に行った気になれると思うと。

ほんとにそれは革命のような出来事であり、産業革命もあながち間違いではない。

かつて近未来だと思ってたところに、今すでにいるんだなあ。

それでは~


とりぶう


関連記事

少しでも面白かったら、下をクリックで応援よろしくお願いします。とりぶうの絵が踊るよ!
FC2Ranking にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ blogranking 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 クツログ
ショートショートとりぶうの読むコントの応援をお願いします。
あしたも、お待ちしております。! ブログパーツ 健康食品

     カテゴリ

     登場人物
登場人物 とりぶう 登場人物 しかちく
とりぶう=わたし しかちく=夫 
登場人物 うさQ 登場人物 カメ氏
姉=うさQ 弟=カメ氏 

     最近のコメント

     最新記事

全記事表示


     月別アーカイブ

     携帯でどうぞ
QR

     おかげさまです